2016年05月14日

「絵画」だけではくくりきれない画風の謎

 今週、また「生ョ範義展 The Illustraor in 明石」に行ってきた。
 三回目の鑑賞だが、まだまだ発見があったので、いくつか書き留めておこうと思う。

 まずは恒例、ネット検索対応、召喚の儀。

 生頼範義 生頼範義 生頼範義
 生頼範義 生頼範義 生頼範義

 おおらい のりよし おおらい のりよし
 おおらい のりよし おおらい のりよし

--------------

 2階展示室を鑑賞していて、ふと気付いた。
 女性の顔アップ「地上より永遠に3」という1987年の作品で、リキテックス使用が多いカラー作品の中では珍しく、パステルが使われている。
 これまで二回の鑑賞ではただ「ほう、パステルか!」と思っていただけなのだが、あるシリーズ作品のことを思い出した。
 今回は展示されていない、平井和正「幻魔大戦」の徳間ハードカバー版の箱絵が、制作時期も絵柄も非常に近いのだ。
 ということは!
 私が大好きだったあの箱絵シリーズも、パステルで描かれているのか?
 好きで眺め続けて二十数年、今やっと使用画材の謎が解けたかもしれない。
 昔から他の生ョイラストに比べると色合いが柔らかいとは感じていた。
 もしかしたら、速乾性のリキテックスではなく、油彩で、画面上で混色しながら描いているのかと想像していた。
 パステルというのは完全に盲点だった。
 一般にパステル画というと夢のように淡い絵柄のイメージが強いと多いと思うが、意外とがっちりした写実表現もできる画材だ。
 木炭デッサンに色をつける場合は、よくコンテパステルと組み合わせる。
 広い面積に手早く色をのせられ、画面上でこすって混色すると油彩っぽい色合いになる。
 油絵のエスキースとして木炭とパステルでざっとスケッチする絵描きはけっこう多い。
 私も二十歳前後の学生時代、木炭とコンテパステルの写実デッサンは好きで、よく描いていた。
 ただ、定着スプレーで色合いが変わってしまったり、印刷では出にくかったり、画面の耐久性が低いので保存には向かなかったりと、少々扱いの難しい画材ではある。
 今回の展示作品も、ちょっと剥落しているように見える箇所もあった。
 パステル系画材の使い方を一応心得た人間が見ても、言われるまでそれと気付かない作品に仕上げてしまう所は、さすがのイラスト魔神である。

 もう一つ。
 一階展示室のSFアドベンチャー誌の表紙絵シリーズの中の、「ブラディ・メアリー」という作品を見ていて、中央の女性の背後にガンダムの頭のシルエットが重なっているのに気付いた。
 1987年という制作時期とアンテナの形状から、映画「逆襲のシャア」のνガンダムだろうと思う。
 そう言えば「逆シャア」の予告ポスターは生ョ範義が描いていた。
 この表紙絵も、なんらかの予告的な絵だったのだろうか。
 昔のことなので、当時の事実関係のことはあまり覚えていない。
 映画「逆シャア」の予告ポスターを見たときは、「あれ? 意外と大河原邦男の絵と似てる?」と思ったことは覚えている。
 ガンダムのメカニックデザインの大河原邦男は、ポスターカラーと定規や面相筆を使ったデザイン系のテクニックで独特のイラストを描いていた。
 生ョ範義の画風は重厚な絵画調のイメージが強いが、メカニック表現という分野に限定すれば、絵画というよりデザイン系のテクニックに近いのかもしれない。
 一旦そこに気づくと、生ョイラストの、とくにメカニック表現が含まれた厚塗りの部分は、芸大で学んだ油彩というよりは、デザイン系のポスターカラーのテクニックが導入されているのは間違いないと思えてくる。
 どのあたりのタイミングでそうしたデザイン系のテクニックを身に付けたのか、まだまだ興味は尽きない。

 会期末まであと二週間。
 見取り稽古の内容をよく反芻しながら、もう一回ぐらいは行きたい。
posted by 九郎 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 生頼範義 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック