2017年03月20日

山への復帰

 本日、久々に「山登り」をしてきた。
 5時間程かけ、ゆっくりペースで標高900メートルを登り下り。
 ちらほら咲き始めた山桜や、スミレやイヌノフグリなどの早春の草花を楽しんできた。

 10か月前にヘルニアで開腹手術を受けてから、このレベルで登ったのは初。
 体調の回復と共に、これまでも2〜3時間のハイキング程度ならやってきたのだが、今日改めて「大丈夫」という確認をとれた気がする。
 術後しばらくは普通に歩くことすら辛かった。
 数か月間は手術跡がずっと気になっていて、実際「ぐぐーっ」と腹圧で中から圧されている感覚がたまにあった。
 それから徐々に手術跡のことが意識にのぼる頻度は減って来て、今もう、ほとんど思い出さなくなっている。
 
 退院してすぐの頃は「ああ、もう本格的な登山は無理かな?」と、少し寂しさを感じていた。
 ここまで持ち直した身体に感謝。
 同時に、これで調子に乗らないように、気を引き締めねばならない。
 何もかも前の通りには、やっぱりいかないのだ。
posted by 九郎 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体との対話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック