2007年06月21日

どろのうみ5

doro-06.jpg


それからそれから月と太陽は、東の方位を見定めました。
そこからウナギを引きよせて、よくよく事情を説いて聞かせ、承知をさしてもらい受けました。
そして食べてしまってその心味わいを確かめると、ぬるぬる抜けるので飲み食い出入り、水気上げ下げの守護の道具にしようと決め、「くもよみのみこと」と言う神名を与えました。

それからそれから月と太陽は、坤(西南)の方位を見定めました。
そこからカレイを引きよせて、よくよく事情を説いて聞かせ、承知をさしてもらい受けました。
そして食べてしまってその心味わいを確かめると、ぱたぱた平べったいので息吹き分け、風の守護の道具にしようと決め、「かしこねのみこと」と言う神名を与えました。

それからそれから月と太陽は、西の方位を見定めました。
そこから黒蛇(くろぐつな)を引きよせて、よくよく事情を説いて聞かせ、承知をさしてもらい受けました。
そして食べてしまってその心味わいを確かめると、にょろにょろしぶとく強いので、よろず引っぱり出しの守護の道具にしようと決め、「をふとのべのみこと」と言う神名を与えました。

それからそれから月と太陽は、艮(東北)の方位を見定めました。
そこからフグを引きよせて、よくよく事情を説いて聞かせ、承知をさしてもらい受けました。
そして食べてしまってその心味わいを確かめると、おなかが大きく毒を持つので、生き死に、縁を切る鋏の守護の道具にしようと決め、「たいしょくてんのみこと」と言う神名を与えました。
posted by 九郎 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック