2019年07月13日

アジサイスケッチ2019

 今年は六月からアジサイのスケッチを重ねていました。
 近所に何か所か綺麗に咲いていてスケッチも可能な場所があり、休日を利用してそれぞれ小一時間ほどで。

aji2019-01.jpg

 気付いたことをメモ。
 アジサイの捉え方、描き方としては、単体の「花」というよりは「樹木」に近いかなと。
 ボタニカルアート+やや風景。

aji2019-02.jpg


 水彩スケッチで描く場合、アジサイ自体をあまり描いちゃいかんかなと感じました。
 花にスポットが当たった感じを出すには、むしろ周りの緑に手数を。

aji2019-03.jpg

 ガクアジサイを何枚か描いておきたい。
 変な「馴れ」が出て手癖でテキトーに流さないように。
 よく観る!

aji2019-04.jpg

 通りすがりで気に入った情景を、空気など読まず、予定も無視して描けるのが本物の絵描き。
 今の私にはまだ無理なので、出来る範囲でやるしかありません。
 おじいちゃんになる頃には本物になれるかな

aji2019-05.jpg

 そうこうしているうちに市街のアジサイが終わり、撮っていた写真から一枚スケッチ。
 このタイプのガクアジサイが、じつは一番好きなのです。

aji2019-06.jpg

 少し山間部に入れば今しばらくの満開。
 たくさん咲いている様も描いておきたい。

aji2019-07.jpg

 難しいけど風景画も。

aji2019-08.jpg

 野外スケッチで描きかけてタイムアップになっていたのを、写真を元に仕上げ。



 約一ヶ月半のアジサイスケッチ、これにて終幕!
 堪能しました!
posted by 九郎 at 23:22| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: