2007年10月14日

風輪上の世界

 虚空に浮かぶ巨大な気体の円盤「風輪」の上には、液体の「水輪」固体の「金輪」の層が重なっている。
 風輪と、水輪から上の世界は大きさのスケールが違い過ぎ、水輪以上の世界を認識しようとすれば、風輪は限りなく続く平面に見えるだろう。
 水輪より上の世界について、比率をなるべく正確に図示すると、以下のようになる。

syumi-02.JPG


 水輪と金輪は底面積の同じ円柱で、高さはそれぞれ80万由旬と32万由旬だ。(1由旬は約7km)ちなみに最下層の風輪の高さは160万由旬とされている。
 水輪と金輪の境目が「金輪際(こんりんざい)」で、現在日常的に使われる「金輪際」という言葉の語源になっている。
 金輪の中心部にあるのが須弥山で、上空には須弥山山頂と同じ面積の天界が何層か浮揚している。
 図中の金輪から上、他化自在天(第六天)までが、六道輪廻の世界だ。だから「解脱」とは、この範囲から「外」に出るということになる。他化自在天のさらに上空には、悟りの世界が何層にも続いていくのだが、同スケールで図示できるのは、ちょうど六道輪廻の範囲内になっている。

 以前アップした須弥山のイメージ図もあわせて参照すると、感じがつかみ易いかもしれない。

dk-09.JPG
posted by 九郎 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 須弥山 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック