2006年11月02日

地の力

jizo-15.jpg

 春に芽吹いた木の葉が夏までに大きく育ち、華やかな秋の紅葉を経て地面に還る。
 堆積した落葉は腐葉土になって、次の春から始まる成長の素になる。
 腐葉土はゆりかごになって、土中に様々な生物を養う。
 養われたミミズや幼虫たちは「地の力」の蓄積に貢献する。

 南無地蔵菩薩
 
posted by 九郎 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

かさこじぞう

jizo-16.jpg

 今年も残すところあとわずか。
 当ブログではこの一年、月ごとにおじぞうさまの画像をアップしてきましたが、12月のおじぞうさまと言えば、やはり「かさこじぞう」が浮かびます。
 ここはやっぱり一枚描いておきましょう。

 雪に降られたおじぞうさまに、そっとかさと手ぬぐいをかぶせるセンスがあれば、何とかなると思うのです。
posted by 九郎 at 22:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

寒い冬

jizo-17.jpg

 暖冬だ。
 今までにも暖冬はあったが、今年の場合は単に「暖かい冬」という以上の不気味さがある。「寒い冬、暑い夏」という当たり前の季節感が、当たり前でなくなってきている。
 冬が寒くないと、春の訪れが狂う。秋から冬にかけての「地の力」の蓄積が狂う。もうすぐ梅の季節だが、さてどうなるか。
posted by 九郎 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

おん かかか びさんまえい そわか

jizo-18.jpg

 もう十年ぐらい前になるだろうか、ちょうどこの季節、とある梅園に散策に行った折、小さな白梅の盆栽を一鉢購入した。それから毎年、自室ベランダでささやかな梅見を楽しんでいる。
 全くの素人が自己流で世話をしているので、一時期樹勢が弱まったこともあったが、なんとか持ち直した。
 気温の不安定な今年の冬、それでも我が白梅の蕾は膨らみきって、この週明けにも咲き始めそうだ。
posted by 九郎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

地の力2

jizo-19.jpg


 暖冬から一転、寒さが息を吹き返している。
 通常の在り方ではないけれども、この寒さが貴重なのだ。桜の開花にも一定の「寒さの刺激」を受けた後の気温上昇が必要だという。
 秋には葉を落とされ、冬は寒さに閉じ込められることで地の力は蓄積されて、春の芽吹きを呼ぶ。

 道端にはチラチラと、イヌノフグリが咲き始めている。
 私は小さい時、この小さな水色の花が好きだった。
 名前はあまりよくない花だが(苦笑)

 今でも三月ごろイヌノフグリを見つけると、幼い頃の気分がよみがえってくる。
posted by 九郎 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 地蔵 | 更新情報をチェックする