2013年01月22日

遍路・防災・アウトドア 6

 今回はテントのお話。

 二十歳そこそこの頃から、熊野周辺の遍路を始めた。
 その頃はアウトドアに関する知識も技術も何もなく、ただただ気になるルートを歩き続けるだけだった。
 今も覚えている最初の遍路は、奈良県の五條から熊野本宮へと続く「十津川路」を辿った。

 熊野の各古道経路については、以下の図を参照。クリックすると拡大します。
kumano-04.jpg


 十津川路は、現在はほぼ国道に吸収されてしまっており、基本的には舗装道路を延々と歩くだけなので、とくに登山技術は必要ない。
 ただ、歩道のない箇所が多いで、ドライバーの皆さんの邪魔にならないよう、また事故に遭う危険がないようを注意しなければならない。
 夏季だったが、寝袋もなにも持っていなかったので、バス停や公園など、夜露をしのげる場所で野宿しながら、三日ほどで熊野本宮に着いたと記憶している。

 二回目以降は、さすがに寝るための装備は考えるようになった。
 ちょうどホームセンターで、2000円ほどの一人用の格安テントを売っていたので、試しに購入した。
 使ってみると、テントというよりは「テント型のブルーシート」みたいな感じで、まさに値段相応の代物だった。
 色も水色で、遠くから見るとまるでゴミ袋が放置してあるように見えた(笑)
 とにかく「安いこと、軽いこと」だけが取柄で、一度雨に降られたときは速攻で雨漏りした。
 そんな「テント型ブルーシート」であっても、私の場合はそもそも何にも持たない野宿から出発しているので、屋根が見当たらない所で夜露が防げるだけでもありがたかった。
 それなりに気に入って使っていたのだが、別れは突然訪れた。
 あるとき、人里近い川原に設営して、あたりを二時間ほど散策して帰ってくると、きれいさっぱり消失していたのだ。
 盗まれたのかもしれないが、「ゴミ袋と間違えて回収されたのではないか?」という疑問を、私は未だに打ち消せずにいる……
 
 3.11以降、防災グッズを探している時に、この懐かしの「テント型ブルーシート」によく似たものを見つけて、思わず笑ってしまった。


●GIGANTIC TREE ドームテント

 形や色は多少違うけれども、値段といい、性能といい、そっくりである。
 屋外用のテントとしてはまともに使うことはできないと思うが、防災グッズとしてなら使い道はある。
 ドーム型なので、ペグを打たなくても自立することから、災害時に体育館などの屋内避難所で設営すれば、プライベートの確保に役立つだろう。
 私は阪神大震災の被災者でもあるので、混み合った避難所で、一応人目を避けられる空間のありがたさは、よく知っている。
 防災グッズとして考えるならば、この手の安価なテント(?)のコンパクトさと軽量さは、持ち運びの際の利点になり得る。
 折紙つきではないけれども、
 「まあ、高いもんじゃないし、今現在テントが家にないなら、いざという時の備えに一つ持っておいてもいいんじゃない?」
 という程度にはお勧めできる。

 大した品ではないと知りつつ弁護してしまうのは、私の中に懐かしの「テント型ブルーシート」への愛着が、まだ少しばかり残存しているせいかもしれない……

 私の初代テントは、遍路の途上で「行方不明」という結果に終わった。
 二代目はさすがにもう少しマシなのを買おうということで、一応アウトドアメーカーのものを購入した。
 現在でも、仕様は多少変わっているようだが、同等製品は販売されているようだ。


●LOGOS ツーリングドーム

 一人用テントとしては十分な品質で、さほど高価でもなく、収納時の体積・重量も、なんとか背負って歩ける程度。
 私の遍路旅には条件がよく合っていたので、けっこう長く使っており、今でも使用可能。
 フライシートの面積が小さいので結露はあるが、ソロテントの定番の一つではないかと思う。

 ただ、私の熊野遍路が回数を重ね、経験値があがってくるにつれ、テントを担いでいく頻度は徐々に減っていった。
 各地の快適な「野宿ポイント」がわかってくると、「屋根」の必要性が減ってきて、寝袋とブルーシートがあれば大体事足りることが分かってきたためだ。
 このあたりは本格的な「登山」と違い、人里からあまり離れることがない「遍路」の特徴だ。

 考えてみれば、昔のお遍路さんも、基本は野宿だったことだろう。
 それで野垂れ死にした人も多かっただろうけれども。

 死なない程度になるべく昔の人に近い遍路を志す私は、なるべく荷物を少なく、シンプルにする方向に進んできた。
 そんな私にぴったりな装備を、最近一つ見つけた。

 以下、次回。

【追記】
 上の方で紹介した「テント型ブルーシート」だが、写真整理をしていたら、何枚か撮っていたものを見つけた。

yamagoe018.jpg


 もう20年ほど前になるか、私がはじめて所有し、すぐに失ったたテントだ。
 この写真を見ること自体が10年以上ぶりだと思う。
 構造などは全く忘れてしまっていたが、写真から判断すると一応ドーム型で、ポール1本ペグ4本で固定するタイプのようだ。
 自立はしないだろうが、とにかく軽そうだ。おそらく1.5キロ以下だろう。
 まだアウトドア初心者の頃で、夜中に雨漏りして途方にくれたのも、今はいい思い出だ……

2013年01月23日

遍路・防災・アウトドア 7

 テントの種類別の中に「ツェルト」というものがある。
 緊急時用の小型・軽量テントというほどの意味だ。
 防水加工された生地で出来ており、荷物にならないのでお守り代わりに携帯する登山者も多い。
 形状は様々だが、立木や登山用ストックを利用して設営したり、単純に体を覆って風雨や寒冷から身を守る装備だ。
 私がこれまで行ってきたのは、あくまで人里近くの「遍路」が主目的で、その経路の中に山が含まれている場合は登るという程度だった。
 山が含まれる場合も標高はせいぜい1000メートル程で、本格的な登山と言うほどにはなかなかならなかったので、ツェルトの必要性はさほど感じていなかった。
 一時期は前回記事で紹介したようなソロテントをよく持参していたが、だんだん現地の様子がわかってくると、主に夏季の旅だったこともあり、小型の寝袋とブルーシートくらいで十分寝泊りできるようになった。

 ところが最近になって、以下のような製品を見つけてしまった。


●mont-bell カモワッチテンチョ

 一見して「なんじゃこれ?」と思った。
 名前のとおり、テントとポンチョ兼用のブツだ。
 上掲のamazonのリンクに跳んでもらえば使用時の画像が見られるが、テント時はともかくとして、ポンチョ使用時の姿はけっこうショッキングである。
 なんと言うか、どこかの山岳民族風と言うか、妖怪風と言うか……
 mont-bellの製品にしては、なんとも謎のルックスである。

 気になって「テンチョ」で検索してみると、このポンチョ使用時のルックスは、あちこちでネタ扱いされていることがわかった(笑)
 ネタ扱いされながらも、わりと愛されている製品であることも。
 
 しばらく迷ったあと、結局購入してしまった。

 私個人としては、かなり使える装備であると思っている。
 但し書きに「私個人としては」とつけているのは、サイズの問題である。
 amazonnのレビューにも書いてあるが、まさに「帯に短し襷に長し」という言葉を体現したような装備である。
 正直、テントとしては小さく、ポンチョとしては大きい。
 設営してみると、こうなる。

yamagoe011.jpg

 
 写真ではテント内にポールで建てているが、頂点部分にロープをかけて木から吊るすこともできる。
 底面はペグ三本で固定。
 さすがmont-bell、ペグは軽くて良いものが付属している。
 ドーム型テントのようにペグなしで自立はしないので、屋内や舗装の上では設営不可だ。

yamagoe012.jpg


 立体としては「四面体」で、一昔前の牛乳テトラパックに似ている。
 底面は200cm-200cm-260cmの、ほぼ直角二等辺三角形で、高さは120cm。

yamagoe013.jpg


 ポールは付属していないので、120cmくらいまで伸びる登山用ストックか、立木から頂点を吊るすためのロープが別途必要だ。
 写真では実験のために百均の自在ポールを使用しているが、いつも遍路で使っていた金剛杖も120cmに近い長さだったので使用可能だった。
 あと、底面部分は布地がないので、何らかのシートも必要だ。

 写真撮影時はかなり強風が吹いていたのだが、強度は特に問題なく、中に入ってみるとけっこう快適だった。
 私は小柄な方なので体を伸ばして寝ころぶこともできたが、大柄な人はかなりきついだろう。
 底面200cm-200cm-260cmという数字だけ見れば、身長2mくらいでも寝ころべそうに感じるが、なにせ形状が三角錐である。
 各頂点付近は鋭角にすぼまっていて、小物を置く以外に使えない空間になっているのだ。
 ポールで建てると狭いテントの真ん中に障害物ができる問題もある。
 ちなみにmont-bellのサイトでは、スペック上は「座った状態で三人収容可能」と言うことになっているが、さすがにちょっと無理があると思う。

 ツェルトとしては価格が安い方だが、重さは560gで、収納サイズもそこまで小さくはない。
 しかし、リュックを背負ったまま被れるポンチョとしても使用可能なので、雨具+ツェルトと考えるならば重さも収納サイズもとくに問題はない。

 私が遍路を行うのは主に夏季なので、このテンチョとサバイバルシートがあれば、寝袋を持つ必要はなくなりそうだ。
 
 いろいろ検討した結果、「小柄な私が遍路で使うにはピッタリの装備である」という結論に至った。
 万人にお勧めできる製品ではないが、使い方次第では活きるツェルトだと思う。


 特異なルックスになるので、街中で雨具として使うのはムリだが……

2013年01月29日

遍路・防災・アウトドア 8

 私のアウトドアは「遍路」が主目的で、経験を重ねるごとに徐々に荷物を減らし、テントはあまり持たない方向に進んできた。
 快適に「歩く」ことに重点を置いた結果、そうなった。
 しかし「キャンプ」もやっぱり好きだったので、移動を目的とせず、テントを張ってのんびりするアウトドアも、それはそれで遍路とは別に楽しむようになった。
 
 テントはこの十年程の間にも、様々な新製品がかなり出た。
 近年では「前室」という概念が、けっこう人気になってきているようだ。

 テント内部の快適さを考える場合、重要になってくるのは通気性と断熱性だ。
 その両方を確保するために、特にドーム型テントは「インナールーム」と「フライシート」の二層構造になっているものが多い。
 居住空間であるインナールームにかぶせるフライシートを出入り口方向に延長して、インナーの他にもう一つ風雨を防ぐ空間を確保するのが「前室」だ。
 前室にはインナールームほど断熱性はなく、地面もそのままだが、荷物や靴を置いたり、雨天時に簡単な調理を行ったりするのに非常に便利だ。
 いざという時には前室にもう一人寝ることもできる。

 この「前室」付きのドームテント、前から何かに似ていると思っていたのだが、最近答えに気づいた。
 亀甲墓にそっくりなのだ。
 私の持っている前室付きドームテントは以下の製品で、盛り上がった本体のドーム天井から腕のように二本のフライシートが伸びている様子や、その間から中に入りこむ構造が、沖縄の古いお墓によく似ているのである。


●キャンパーズコレクション バックパックドームテント2
 非常にコストパフォーマンスの高い前室付きドームテントだ。
 インナーには大人二人が余裕で寝られるし、前室もけっこう広い。
 私の場合は通常のキャンプ以外にも、野外イベント型で宿泊ありのフリーマーケットで使用することを想定している。
 前室空間をオープンにしてグッズを並べれば、雨が降ってもフライシートでさっと覆い、自分はインナーに避難してしまえばいいので便利だ。
 本体重量は3.8sで担いで持ち運ぶには重いが、キャリー使用を考えればさほどでもない。
 この広さの製品の中ではかなりコンパクトな方だ。
 付属のペグがずっしり重く大きいので、これを小型軽量のものにとりかえればかなり使いやすくなる。


●アライテント ステックペグ
 一本10gで、おもちゃみたいに見えるがちゃんと使えるペグだ。
 90年代半ばの私が遍路を始めて間もなくで、まだ登山ショップなどにもほとんど行ったことがない頃、やや緊張しながら専門店に入ると、店員さんがけっこう親切に荷物の軽量化の相談に乗ってくれた。
 そのときに教えてもらった工夫の一つが「ペグを軽いものに買い替えること」だった。
 テント自体の小型・軽量化を追求すると高価なものを購入する他ないのだが、安価なテントの場合は付属のペグがかなり大きくて重いスチール製の場合が多いので、それを買い替えるだけでもけっこう荷物を軽くできるとのこと。
 ペグだけ買えば安上がりで、貧乏な私にもさっそく実行できる工夫だったので、助かった覚えがある。
 それ以来、私は専門店に入ったときには、店員さんには遠慮なく色々質問してアドバイスをもらうようにしている。


 のんびりキャンプを楽しむ場合には「前室」付きテントがお勧めだ。

2013年01月30日

遍路・防災・アウトドア 9

 この「遍路・防災・アウトドア」の最初の記事で、常時持ち歩くことを心がけている防災グッズを以下のように紹介した。

1、ポケットラジオ(AM、イヤホン必須)
2、小型LEDライト(ソーラーまたは単三・単四乾電池式)
3、着火ライター(ボディが透明でガス残量のわかるもの)
4、コンパス(とにかく使えればよし)
5、サバイバルシート
6、ペットボトル、新聞紙
7、ナイフ

 いずれもさほど荷物にならないものばかりである。
 1〜5については、安価なもので良いので使用可能な状態のものを一式揃えておくと、当面のサバイバルには事足りる。
 6については、その日買った新聞やペットボトル飲料を、用が済んだあとも次のものを買うまで捨てずに持っていれば、いざというとき何かと役立つ。
 問題は7の刃物である。
 以前はよく小型の十徳ナイフを持ち歩いていたが、最近の治安の悪化にともない、刃物に関する取り締まりがじわじわ厳しくなってきている。
 そもそもアウトドアに刃物を使う場合でも、缶切りが必要な缶詰が少なくなってきたこともあり、カッターナイフ一本あればたいていの用は足りるようになってきていたので、普段十徳ナイフを持ち歩く機会はほとんどなくなっていた。
 だから緊急用でも、しっかりした作りのカッターナイフ一本あれば、とりあえずはOKだと思う。(百均のカッターナイフは、切れ味は問題ないが、刃がぐらつくものが多いのでお勧めしない)
 個人的には、アウトドアでもプライヤー(ペンチ)を必要とする場面が多いと感じるので、最近は以下タイプのものをよく使っている。


●GERBER ベア・グリルス コンパクト マルチツール
 実用に耐えるぎりぎりの小ささで、ペンチやナイフ、ドライバーなど使用頻度の高い機能がそろっているのが良い。とくに「波刃」はロープ切断に非常に便利だ。


 ここまで、アウトドアや防災に関する様々な製品について、私なりに紹介してきた。
 他にもまだ研究中のものがある。
 LEDランタンやキャリーカート等については、また時をあらためて考えてみたいと思っている。

 今回は、このあたりで一旦おしまい。

2013年04月25日

遍路・防災・アウトドア 10

「アウトドアの照明では、完全に蛍光灯と電球の時代は終わったな」

 昨年、野外イベントに参加したのをきっかけにLEDランタンを探してみたときに、そういう結論に至った。
 その時は結局、本格的な製品を決めきれなくて、手持ちの蛍光灯ライトと100均のおもちゃランタンで間に合わせたのだが、その後LEDランタンについて色々調べてみて、アウトドアと防災兼用に適当と思われる製品をいくつか見つけたので紹介しておこう。

 これまで電源の取れない場所でのアウトドア照明は、電池式とガス式が主流だったと思う。
 手軽なのは電池式だったが、蛍光灯や電球の時代は、明るさと持続時間の点で、ガス式に比べてかなり見劣りしていた。
 電池式で十分な明るさと持続時間を求めると、単一電池数本使用でサイズが大きくなり、替えの電池を沢山持参すると、結局荷物が増えてしまうことになったのだ。
 ところがLEDライトの登場で、小型軽量で持続時間が長く、非常に明るいランタンが実用化され、電池式の利便性が飛躍的に上がった。
 バーナーとガスカートリッジを共有する場合を除いては、ガス式ランタンの利点は相対的に低くなったと思う。
 防災目的でも、火を使わないLEDランタンは、室内や避難所などの狭いスペースでも安心して使用できる。
 ロウソクは慣れていないと火災の元になるので、普段使っていない人が非常時だけ使用するのはお勧めできない。
 LEDは省電力なので手回しハンドル充電式でも十分実用に耐えるが、やはり便利なのは電池式だ。
 災害時にも比較的入手しやすい単三電池使用で、持ち運びも可能な小型軽量、それなりの明るさも確保されている製品でお勧めなのは、以下の三種。


●「GENTOS LEDランタン エクスプローラー EX-431CW」(明るさ150ルーメン/連続点灯8時間)
 250ml缶ほどの大きさで、一見おもちゃのようだが点灯してみるとかなり明るい。
 単三4本使用で、トイレや浴室によく使用されている白熱電球くらいの明るさはある。
 停電時に六畳間に釣り下げれば不自由なく行動できるだろうし、手元に近づければ読書や書き物も十分可能だろう。
 ただ、蛍光灯のように真っ白な光なので、レジャーでは雰囲気に欠けるかもしれない。
 一人〜二人用テント内ではここまでの明るさは必要ないし、野外で多人数のバーベキューをするには光量が足りないだろう。
 私は主に防災目的で、これを購入した。
 販売価格が2000円前後であれば、コスパが高いので「買い」だと思う。


●「GENTOS LEDランタン エクスプローラー EX-1977IS」(明るさ100ルーメン/連続点灯12時間)
 上の製品とほぼ同じ大きさだが、こちらは暖色で明るさやや控えめ。
 ソロキャンプや夜釣りの供にはこれで十分だろう。
 販売価格もホームセンターでは2000円を切っていることが多く、ネットなら1500円前後でかなりお買い得だ。


●「GENTOS エクスプローラー EX-757MS」(明るさ150ルーメン/実用点灯20時間)
 ランタンとライト兼用で、数値以上に明るいと評判の暖色系LED。
 名機である。

 
 アウトドアと防災目的なら、これらの中から一つ入手しておくと便利だと思う。
 遍路目的ならラジオライトかペンライトひとつあれば十分で、ランタンまでは必要ないだろう。