2018年08月24日

著作権の失効した著名作品の扱いについての覚書

 恥ずかしながら、ごく最近児童文学の名作「星の王子さま」にハマって、バージョン違いの読み比べなども楽しんでしまった。

 星の王子さま
 新旧「星の王子さま」

 長らく興味は持ちながら、読めずにいた名作中の名作を手に取ったのは、しばらく前の同作の「改変騒動」がきっかけだった。
 著作権が失効している作品については、出典を明確にした上でなら、独自に出版するのも、それを原作にして二次創作を行うのも、法的には問題がない。
 某プラントハンター氏が起こした「改変騒動」も、膨大な「星の王子さま」愛読者の神経を逆なでするような、作り手の「姿勢」に対しての炎上であった。
 私も読んでみてすぐに理解できたのだが、普通の読解力を持っていれば、「星の王子さま」を元ネタにして、バオバブの苗木を売ろうなどという発想が出てくるはずがなく、ただただ商売の手段として有名作を利用した姿勢が見え見えだった。
 原作に何のリスペクトもなく、ちゃんと作品を読んでいるかどうかも怪しい状態での「続編」では、批判されても仕方がない。

 絵描き目線でとくに酷く見えたのは、原作者自身が筆をとった挿絵を「改竄」している点だ。
 問題になった続編では、誰もが知る表紙絵、王子さまが小さな星に一人立つあの絵に、プラントハンター氏と思しき人物が向かい合わせに描き込んであった。
 その表現のレベルがまた酷い。
 王子さまと「人物」をほぼ平行に立たせてしまっているので、足元の小さな星の重力の方向が無視されており、絵として非常に気持ちが悪く、絵柄も馴染んでいない。
 元の絵の繊細なバランスを完全に破壊してしまっており、はっきり言ってまともな仕事ではない。
 フリー素材を適当に切り貼りして画像をでっち上げたような粗雑さは見るに堪えず、実際に印刷に回るまでに誰一人ストップをかける人間がいなかったのが不思議なレベルだと思う。

 愛読者の多い有名作を扱うには、それ相応の配慮やリスペクトが必要になる。
 どんなに出来の良い二次創作でも、全ての原作ファンを納得させることは不可能。
 二次創作者にどれだけ愛や思い入れがあろうとも、有名作には同様の「熱」を持った読者が多数存在する。
 批判は必ず出るもので、それをも覚悟した上での制作でなければならない。
 今回のような「粗雑な改竄」は論外として、「原作愛があればOK」という単純な話でもないのだ。

 鑑賞する側の立場で「不快」を感じるのはどんな時かを考えてみると、つまるところそれは「原作やファンをナメている」と感じた時ではないかと思う。
 批判は覚悟の上で、それでも原作への思い入れと、やむにやまれぬ創作衝動に駆られ、描く。
 一線を引くなら、やはりそこしかない。



 当ブログにおいても、いくつかの著作権の失効した作品を元に、「絵解き」を行ったことがある。

 極楽往生源大夫(今昔物語より)
 どろのうみ(天理教の創世神話より)

 幸か不幸かブログ自体がマイナー、管理人が無名なこともあり(笑)、今のところ批判は頂いていない。



 付記すると実は今まさに、とある有名作をマンガ化しているところだ。
 原作に対するリスペクト、愛読者の皆さんに対する覚悟を新たにしつつ、最終段階に入った制作を進めていきたい。
posted by 九郎 at 17:54| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

小田隆「うつくしい美術解剖図」

 しばらくがっちり人体描いてなくて、手が大分忘れてるのに気付いた。
 ハシクレとは言え絵描きなので、一通り人体デッサンの訓練は積んでいるはずなのだが、「忘れる」ということは本当の意味で身にはついていなかったということか(苦笑)
 これからも描いたり造ったりしていくために、ここらで一発、がっちり人体の復習をしたおこうと思い立った。
 上手いデッサンの模写で「型稽古」しようと、書店で良いお手本を物色。
 やっぱりダ・ヴィンチかなと思ってたら、頭のおかしい(最大級の賛辞)本を見つけてしまった!


●小田隆「うつくしい美術解剖図」(玄光社)
 名画や彫刻作品をお題に、骨格や筋肉の解剖図に変換し、あらゆる角度からタッチを活かした鉛筆の線画で紹介している。
 この「線画」という点が極めて重要!
 写真でも3DCGでもなく線画!
 輪郭線で囲むというのは、情報の高度な「編集」作業だ。
 優れた絵描きの手で「編集」された図像を模写することで得られる学習効果は、極めて高い。
 そして何よりこの本が「頭おかしい」(最大級の誉め言葉)点は、天使や人魚、ケルベロスやケンタウロス等の空想生物の骨格や筋肉、古生物の復元作例まで含めて収録されている点だ!
 絵描きだけでなく、造形や生物的メカデザインをやってる人は必見なのである!


 本を入手してから、さっそく模写&書写を開始。
 図だけではなく、文章部分も「写経」するのが私の学習スタイルで、とくに目次の書写は学習見通しを立てるのに有効。
 たまに美術系などの受験相談を受ける機会があるのだが、先行する表現者の模写や文献の筆写を勧めると、最近の子には変な顔をされがちで、まず実行はしてもらえない。
 自分が敬意を払える絵や文を、知的興奮をもって写すのでなければ効果がないので、気乗りしないのを強いては勧めないのだが、「もったいないな」とは思う。
 たとえば数学などで考えると「過去の歴史の蓄積を無視して一から数の仕組みを考える」ことの無謀が分かるはずなのだが……
 ただ、相談される立場とは言え、上から目線で指示するだけでは信頼されないのもまた当然。
 私の師匠がそうであったように、「目の前でやって見せる」プロセスは必要だ。
 そんな時、「俺だってまだまだ、日々精進してるんやで!」という現物、スケッチや模写の束があると、がっちり完成した作品を見せるより、むしろ制作に対する姿勢が伝わるのだ。

 限られた時間の中、学習の最大効果を上げるため、目的から逆算して模写の方法を設定。
・人体の構造を手で覚えなおすため、グリッド線を引いて形状・バランスはなるべく正確に写す。
・小田先生の見事な鉛筆タッチは今回は省略させてもらい、輪郭線を強く出して形状、空間の把握に努める。

 本の第一章から順に手を動かしてると、だいぶ思い出してはくるのだが、骨格部分、とくに肋骨の重なりを描くのに難渋。

KIMG0974.JPG

「俺こんなに下手やったかな?」
 と、笑ってまうほど描けない。
 しかし、地道に続けてれば意外と早く慣れてくるものだ。
 スポーツやる人には、ブランクの後の復帰過程を思い浮かべてもらうと、感覚がわかってもらえると思う。
 体幹骨格を正面、背面模写し終えたあたりで、背骨リズムというか肋骨リズムというか、そういうものがつかめてきた気がした。

 著者の小田隆先生のTwitterを拝見していると、よくドローイングや板書の類がアップされているのでとても参考になる。

 続いて頭骨。
 これは手が結構覚えているし、線が少ないのでわりとスムーズに模写が進む。
 頭骨のお勉強していて、自分でよくやっているマッサージポイントのことが少し理解できた。
 弱視児童の頃、確か矯正の先生が教えてくれたのが、眼窩の周囲、こめかみの凹み、そして耳の後ろの乳様突起周辺のマッサージだった。
 寝る前にやると寝つきがよくなり、疲れが取れやすいので、今でも活用している。
 目と首、肩、腰は連動していて、乳様突起は胸鎖乳突筋で首、肩とつながる起点。
 どうりで効くわけだ!

KIMG0987.JPG

 そうこうしているうちに、十一月中に第一章の模写完了。
 今月も引き続き時間を見つけながら、ぼちぼち二章のダヴィデ像の模写に入っていきたいと思います。
posted by 九郎 at 22:12| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

上手(かみて)と下手(しもて)

 日本の演劇の用語に「上手(かみて)」「下手(しもて)」というものがあります。
 客席側から舞台を見て、右が「上手」、左が「下手」になります。
 昔、少しだけ関西小劇場の舞台美術をやっていたのですが、恥ずかしながら上手下手の区別にいつも数秒かかってました。
 迷わなくなったのは、実をいうと劇団から手を引いた後、ようやく見分け方に気付いてからです。
 それは以下のようなもの。

「吉本新喜劇で三色チンピラが出てくる方が下手!」

 今から思うと劇団時代の私は、上下を自分から見て右左で暗記しようとしてわちゃわちゃしてしまっていたのです。
 今なら「方向」としてではなく、「機能」「概念」としてわかる気がします。

 日本の伝統的な舞台では(たぶん絵巻物から受け継いだのだと思いますが)、基本的に上手から下手方向に時間が流れています。
 だから主役、主人、上位者は上手から登場し、敵や客は下手から向かってきます。
(現代の新作芝居はそのあたり、もっと自由になっています)
 吉本新喜劇などに今でも残っている観客から見て舞台の「上手から下手へ」という基本的な物語の進行方向は、お芝居の「わかりやすさ」を担保する約束事として機能しています。

 同じ構成は、絵巻物の系譜に連なる縦書き右開きの日本のマンガや絵本の世界でも守られています
 日本のマンガで、主要キャラの顔が「左向き」が多いのは、下手に向けてお話が進行しているからです。
 マンガ好きの中高生が、ちょっと本気でマンガ絵を描き始めようとする時も、右手で描きやすいこともあって、左向きの顔が多くなり、右向きキャラを描くのが、技術的な最初の壁になったりします(笑)

 日本以外の横書き左開き文化圏のマンガは、上手下手が逆転し、お話は右方向へ進行します。
 日本のマンガを海外向けに翻訳する場合、本格的にやると言葉の翻訳だけでは済まず、上下の進行方向まで根本的に逆転する必要があるため、かなり高い「障壁」になっています。
 コンピューターゲーム(たとえばマリオなど)の横スクロール画面も同じ「上下(かみしも)逆転」の形式が多くなっていますが、これはコンピューターがそもそも横書きに対応して作られているためでしょう。

 マンガであれ絵本であれ、右開きであれ左開きであれ、キャラがお話の進行方向の流れに沿って動く分には、絵は描きやすいです。
 難しいのは、その流れに逆らうような動きを描く必要がある時で、たとえば「ひっぱる」という行為をそれらしく見せるのは、意外に難しいです。
 名作絵本「おおきなかぶ」は彫刻家・佐藤忠良が絵を担当し、横書き左開きで進行します。
 話の流れは右向きなので、当然目的物である「おおきなかぶ」は、右側に配置されています。
「ひっぱる」という行為はページ進行、読者の視線の動きと逆向きになるので、どんなに絵で上手く描いても伝わりにくくなります。
 下手すると、同じ絵でも全く逆の動作に見えてきてしまいます。
 重力や力のかかり方、動きの表現のプロである彫刻家・佐藤忠良にとっても「絵本の進行方向と逆にひっぱる」というのは難題だったらしく、描いていてどうしても「押している」ように見えてきてしまい、何度も描きなおしたという逸話があります。
 それほど、お話の進行上の「上下(かみしも)」の感覚は、画面を支配します。
 絵画や一枚イラストと、マンガや絵本等のお話の進行の上下(かみしも)が存在する絵との、一番の違いがこれで、「絵の技術」だけではマンガが描けないのは、このためです。

 時間芸術と空間芸術という分類があります。
 時間芸術は作品内に「時間経過」があるもの。
 広く捉えれば音楽や映像、演劇、文学もこれに入ります。
 空間芸術は絵画や彫刻など、基本的に静止した作品を鑑賞するだけで成立するジャンルを指します。
 絵巻物、絵本、マンガ等は、手法としては絵の要素が大きいのですが、分類としては時間芸術の方に入るのです。

 現代演劇では舞台の「上手下手」の機能は薄れつつあります。
 また実写映像や3DCGでは、物語が「画面奥」へと進行していく、あらたな「上下(かみしも)」の基本形があるようです。
 ただ「シンプルな分かりやすさ」という点においては、まだまだ横スクロール型の物語進行は有効性をもっているわけです。
posted by 九郎 at 00:04| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

大阪「動物のからだ」展

 先週末から大阪で開催中の「動物のからだ-生きるために選ばれたカタチたち-」を観覧してきた。
 以前紹介した「うつくしい美術解剖図」の小田隆先生が参加、Twitterで告知されているのを拝見し、せっかくの機会なのでスケッチブックを抱えて馳せ参じてみた。
 さほど広くはない会場ながら、質の高い生物標本の数々、骨格を中心に実物や様々な手法のレプリカが並び、スケッチや写真撮影、SNSへのアップも自由。
 おまけに入場無料!

 急遽参戦だったのであまり時間が取れなかったのだが、時間がないならないなりに描くのが絵描き。
 まずはフボルトペンギンから。

karada-00-01.JPG


karada-00-02.JPG


 コウモリをデビルマン見立てで描く!

karada-00-03.JPG


karada-00-04.JPG


 カミツキガメをジンメン見立てで描く!

karada-00-05.JPG


karada-00-06.JPG


 そして出会ってしまったのが、ライオン前肢の乾燥標本!

karada-00-07.jpg


 一目惚れ!
 どこかのお寺に所蔵されていたら「鬼の腕のミイラ」とか言われそうな、夢枕獏「キマイラ」に出てくる幻獣の腕のミイラのような、禍々しくも威厳ある佇まいが絶品だった。

 これは描かずにおれない!
 小田先生がすぐ隣に展示されている標本でドローイングをなさっている最中だったが、空気読まずに描く!

karada-01.jpg


 なんとか形はとれたものの、全く時間が足りない。
 今週はけっこう予定が詰まっていたのだが、このままでは終われないので合間を縫ってリベンジすることにした。

 そして二回目のスケッチ。

karada-02.jpg


 B3、鉛筆使用、70分。
 ……あと三十分欲しかったか。
 しかし、撮った写真からデータを解凍する経験値は、ぎりぎり積めたか?
 前回スケッチや写真と比べると、骨格と各所の比率はほぼ一致。
 まだまだ錆びてはおりませぬ(笑)

 70分のスケッチのために、入場無料とは言え片道一時間半かけるのは「惚れたモチーフ」にそれだけの価値があるから。
 絵描きは「これは描きたい」と意欲が湧いた時には迷わず走らねばならず、70分しかとれなかったことは、仕事のある大人としては正しいが、絵描きとしてはダメなのだ。

 その後も「う〜ん、あかんな。このままではおさまらん。まだ頭の中で描いとるよ……」などとモヤモヤ思っていたのだが、会期中の小田先生のTwitterでのお言葉などにも煽られて、結局「よっしゃ、色々事情はあるけどもっかい行こ!」と言うことになった。

 腹はくくったものの、日銭稼ぎの身故やっぱり時間はとれぬ。
 かくなる上はスケッチに臨む前に土木工事を済ませ、織田軍の「長篠」の如く、鉄壁の陣形を組んでから展示会場に向かうべし。
 幸い前回前々回のスケッチでかなり「手」は出来ておる……
 出陣前、撮った写真をトレスし、下描きを先に済ませて、会場では細部に集中する策を立てた。
 たかが写真トレスと侮るなかれ。
 前回前々回のスケッチと、練り上げたデッサン力(!)あってのトレスなのだ!
 三回目のスケッチの狙いは、色合いと細かな腱のつながりの理解。
 合間を縫って写真からわかるだけ描き進める。

karada-00-08.JPG


 会場では絵の具NGなので、普段のスケッチで愛用している、コンパクトな「ちびた色鉛筆」使用する。
 実物標本の「圧縮データ」である写真から描き進め、主な認識の空白域は人間で言う手の甲の辺りと確認した。

 そして三度目の会場。
 乾燥標本とは言え生もの、三日ぶりのライオン前肢は、けっこう乾燥が進んで見えた。
「おまえ、まだ生きてるんやな……」
 そんなことを考えながら描き続ける。
 平日ラストの時間帯なので、ほぼ独占状態でスケッチできるのはありがたい。
 三回とも短めの時間しか取れなかったが、その分結果的には集中できたかもしれない。
 認識の空白域の「手の甲」あたりも別に一枚描き、スケッチとしてはかなり満足できた。

karada-03-01.jpg


karada-03-02.jpg


 とても良い展示、小田隆先生のドローイングも間近で見られて眼福だった。

 会期は今週末の土日まで。
 大阪近郊で生物を描きたい若い人、スケッチブックもって #動物のからだ展 行きましょう!
 とくに学生さん!
 卒業してから初めて気づき、愕然とするのが時間の貴重さ。
 今すぐ走れ!
posted by 九郎 at 23:59| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

鉛筆による「ライオン前肢乾燥標本」

 先月開催「動物のからだ展」明日で、素晴らしい資料と出会った。
 一目惚れしたのは「ライオン前肢乾燥標本」。

karada-00-07.jpg


 お寺に奉納されていたら「鬼の腕のミイラ」と呼称されそうな、夢枕獏「キマイラ」に出てくる幻獣の腕のミイラのような、禍々しくも風格ある標本だった。
 すっかり惚れ込み、時間を捻出して三度通い、スケッチを重ねた顛末は以前記事にまとめた。

 大阪「動物のからだ展」

karada-02.jpg


karada-03-01.jpg


karada-03-02.jpg


 限られた時間の中でのスケッチだったが、写真等とともに、材料はなんとか蓄積できたと思う。
 俺の「動物のからだ展」は、まだ終わってへん!

 ここから先に進めるには、直接見えない方向からのスケッチも必要。
 会場でのスケッチが困難な角度は、写真から描き起こすしかない。

rzk-001.jpg


 ライオン前肢乾燥標本、手のひら側写真から一枚スケッチ。

rzk-002.jpg


 手に染み込ませたスケッチ記憶が薄れない内に、次へ。

 会場で描いたB3スケッチは、骨格や全体的な動きに注目。
 次に会場で描いたA3スケッチでは、筋組織や腱のつながり方の確認。
 今回再チャレンジするB3スケッチは、これまで理解したことを盛り込み、できる限り紙の上で標本を再現することを目指す。

 まずA3からB3へ拡大コピーし、ものすごくクラシックな方法で、画用紙に転写。
 コピー裏面を濃い目の鉛筆でざっと塗り、転写したい画用紙に固定して表面からなぞる。
 原始的だが、以下のメリットがある。

・コピーできない用紙に写せる
・転写後消しゴムが使える
・なぞることで頭が整理され、描き慣れる。

rzk-003.jpg


rzk-004.jpg


 トレスできた後もじわじわ進める。
 これまでのスケッチの蓄積で、同じ写真を見てもわかることがかなり多くなっている。

rzk-005.jpg


 ギターで言えば弦をセットした感じ。
 ここからテンションをかけていく。

 美術解剖学に関心を持ったり、「動物のからだ展」に足を運ぶきっかけになった小田隆先生のご活躍をTwitterで追いながらの制作。
 凄いかたが着実に描いておられるのを見ると、私でも煽られるのだ(笑)
 Twitterやってて良かった!

 意外と雨の多いこの時期、鉛筆画には紙の湿気もわりに影響する。
 直接スケッチにさわれない日や、湿気の多い日はストーブ焚いて乾燥待ちの間、しばらくライオンの骨格や筋肉の確認。
 泥縄式だがこういう「見えない努力」も有効。

rzk-006.jpg


 春の嵐が続く中、雨にも負けず、チャンスをうかがっては鉛筆スケッチを進める。

rzk-007.jpg

 一通り手がついた。
 この後、タッチを強めに出しながら、あちこち「ひっぱる力」や「色気」を加えていく。

 鉛筆画の場合、前半は紙の柔らかさがあった方が進めやすいのでスケッチブックのまま。
 後半詳しく描き込んだり、思い切って塗りつぶして暗さを出したい時は下敷きを使うのが私の作法。

rzk-008.jpg


 鉛筆にも「流派」みたいなのがあって、柔らか目の鉛筆を多用して木炭のようにこすってハーフトーンを出すやり方や、硬めの鉛筆中心でタッチで見せるやり方等、色々だ。
 私が学んだのはどちらかと言うとタッチ派。
 その方がスキャンやコピーで再現されやすいということもある。

 細部にとらわれすぎると全体を見失うので、距離をとったり一呼吸置いたり。
 初期スケッチの直感的理解が参考になることも。
 あと、アナログ絵では「筆置き」のタイミングも重要。
 私は描きすぎてしまう傾向あり。
 デジタルならctrl+zできるのですがw

rzk-009.jpg


 うむ!
 一旦筆置き!
 とても良いスケッチ体験だった!

rzk-010.jpg


 そして実は、この後続けてやりたいこともあるのです(笑)
posted by 九郎 at 12:52| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする