2007年06月26日

どろのうみ10

doro-11.jpg


八千八度の生まれ変わりの後、やっと生まれた人間に似たもの。
それは一匹のメザルでした。

子供たちは「もうこれ以上に似た姿は思いつかない」と、メザル一匹を残してみんな死んでしまいました。
たった一匹になったメザルはさびしくてさびしくて、今にも死んでしまいそうになりました。

「自分はこんな泥海の中、たった一人になってしまった。このままでいなければならないのなら、もう死んでしまいたい」

そのときです。メザルの心に、そっと何かが入り込みました。
それまでさびしかった心はふるい立ち、どんなことにも負けない気持ちが湧き上がってきました。

「何もいなくなってしまったのなら、自分が産めばいいのだ」

メザルの心に入り込んだのは何だったのでしょう?
それはあの元初まりの時、女のはじまりの道具になった、ねばりふんばり強いカメ、「くにさづちのみこと」の力だったのです。
posted by 九郎 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

どろのうみ11

drro-12.jpg


やがてメザルは、男五人女五人の十人ずつ子供を産みました。
カメの力もはたらいて、その子供らは人間でした。
この子らも五分から生まれ、五分五分と育ってやがて八寸になりました。

長い間、泥海の中を眺めていた月と太陽は喜びました。
何度も何度も、死に絶えては生まれ変わる生き物たちは、だんだん心がかたまり、強くなっていきます。
それがうれしくてならなかったのです。

月と太陽のふわふわうれしい気持ち。
メザルのかたく強い心。

すると泥海がとろりと揺れました。
とっぷりとっぷり波打って、だんだん高い所と低い所が出来てきました。
posted by 九郎 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

どろのうみ12

やがてメザルの子らは一尺八寸に育ちました。
子らの成長にあわせて、泥海の高い所、低い所もだんだんだんだんかたまって、天地、海山が出来てきました。

drro-13.jpg


やがて人間は一尺八寸から三尺にまで成長するようになりました。
一胎に男一人女一人の二人ずつ生まれていたのが、一胎に一人ずつ生まれるようになりました。
そしてとうとうものを言い始めるようになりました。
今の人間が、だいたい三尺になるとものを言い始めるのはそのためです。
元はじまりからここまでにかかった時間が九億九万年。

drro-14.jpg


さらに人間が五尺になったとき、天地海山は完成し、海から上がって陸地でくらすようになりました。
人間の体に毛が生えそろうと、海山に植物が生えそろい、世界には食べ物がそろいました。
ここまでにかかった時間が九億九万六千年。

drro-15.jpg


それから人間は地上の食べ物を食べ回って、世界中に広がって行きました。
それぞれの土地で増えに増えて、知恵も高まり、物事が十分わかるようになりました。

そして九億九万九千九百九十九年経ったとき、
元はじまりのあの「ぢば」に、長い間姿を消していた女のはじまり「いざなみのみこと」が生まれ変わっていました。
posted by 九郎 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

どろのうみ13

生まれ変わったいざなみのみことは、あまりに長い時間がたっていたので、何もかも忘れてしまっていました。
ごく普通の人間として生き、結婚し、子供を育て、毎日忙しく働きました。
元はじまりの「ぢば」も、それとわかるものは何もなく、ただ田んぼや畑や人々の家が広がるばかりでした。

いざなみが人間としてくらして四十一年たったとき、月と太陽の月日親神が突然語りかけました。

「元はじまりから九億九万九千九百九十九年、やっと約束の日がきたぞ」

いざなみには何のことやらわからず、ただ戸惑うばかりです。

doro-16.png


月日親神はいざなみに、九億九万九千九百九十九年の気の遠くなるような長い長い物語を再生して見せました。
記憶が少しずつよみがえります。
死に絶えても死に絶えても、何度でも辛抱強く産み直し、育て直してきた自分の可愛い子供たち……

いざなみの心に喜びが沸き起こってきます。

「ああ、なんと長い年月だったのだろう。私の子供たちは世界にこんなに満ちている」
posted by 九郎 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

どろのうみ14

「これからおまえは何もかも忘れてしまった子供たちに、元はじまりから今までのことを知らせ、陽気遊びの世界を作るのだ」

月日親神は、続けていざなみに語ります。

「このぢばに甘露台を建てれば、天から甘露を降らせてやろう。それを飲めば子供たちは不老長寿になって、誰一人病に苦しむことなく、何の不公平なこともなく、勇んで暮すのだ。私たちはおまえと一緒に、子供たちをずっとずっとながめていよう」

月日親神はいざなみに、その様子を見せてやりました。

drro-17.png


ゆったりとしたやわらかい音楽の中、子供たちが楽しげにうたいおどっているその様子。
終わらないお祭りの世界。
いざなみは本当にうれしくなって、「そうなるとよいな」と思いました。
もしそんな世界が来るなら、私の命をすっかり全部、子供たちにあげてしまってもいい。
そう心に決めて、月日親神と新しい約束をしました。

「どろのうみ」おわり
posted by 九郎 at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 泥海 | 更新情報をチェックする