2014年09月26日

風が騒ぐ夜は

 9月ももう終わりか。
 例年だと9月末ごろまで結構暑くて、夏の名残を感じるものなのだが、今年は駆け足で秋が来てしまった。
 そろそろ秋のお彼岸も終わり。
 少々早めに咲いていたヒガンバナは、もうすっかり萎れている。

 日が落ちると、少し強めの風がよく吹く季節だ。
 毎年この時期になると、どんとの歌が聞きたくなる。
 どんとのことは、このカテゴリでわりと長く語ってきた。

 あの海岸の不思議なお祭から、今年でもう二十年経ってしまった。

 ボガンボス時代の曲に、「トンネル抜けて」という作品がある。
 風が騒ぐ夜はうちへ帰りたくないよ……
 そう歌うどんとの声に誘われて、月を眺めながらふらりと何処かへ出掛けたくなるのが、今の時期なのだ。


●「一頭象 どんとスーパーベスト」

 秋のお彼岸、あの海岸の岩場で歌う誰かが、今年もいたのだろうな。
 ジーンズの上下に帽子をかぶったどんとも、また小松の下にそっと座っていたのだろうか。

fmp14.jpg


 二十年前に始まった月の祭の物語が、まだ続いているのを感じる。
posted by 九郎 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | どんと | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

今年は鎮魂の年か

 今年は2015年。
 前にも書いた通り阪神淡路大震災から20年だし、他にもいろいろな意味で「あれからもう20年か」という感覚を持つことが多い。
 一つには二十年前の90年代の私が、青年の感性で様々な事象にごつごつとぶつかって鮮烈な印象を受けており、時代が一巡して2010年代の現在が90年代と似た様相を呈しつつあると感じられるせいだろう。
 今年一月には、かつての師匠やもっとも影響を受けた作家が亡くなったりもした。

 そろそろ「落とし前」をつける時期に来ているのかもしれない。

 2月に一冊の本が刊行された。
 このブログでも語ってきたどんとについての一冊だ。


●「どんとの魂」(MUSIC MAGAZINE増刊)

 90年代の雑誌記事の再録を中心に、新たに関係者の証言を集めて構成された、至近距離からのどんと集成だ。
 どんとについては、その影響力に比べて文字情報が意外に少なく、入手可能なものはパートナーである小嶋さちほさんの本2冊ぐらいしかなかった。


●「竜宮歳事記 どんとの愛した沖縄」小嶋さちほ(角川文庫)
●「虹を見たかい? 突然、愛する人を亡くしたときに」小嶋さちほ(角川書店)

 今回の「どんとの魂」は、貴重な一冊になるだろう。
posted by 九郎 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | どんと | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

蓬莱岩

 帰り道、輝く満月を眺めてきた。
 本当は昨日が満月なのだが、昨夜は雨が降っていた。
 今夜は晴れ渡り、ほぼ真ん丸のお月さまなので、これで十分。

 十月の満月である。
 毎年この時期になると、もう二十年以上前になってしまったあるお祭りのことを思い返す。
 カテゴリどんとで紹介してきた「月の祭」だ。
 あの祭のことはいまだに消化しきれておらず、ずっと考え続けている。

 たぶんまだ書き漏らしていたと思うのだが、このお祭会場になった小さなビーチは、和歌浦にある。
 和歌浦は古来知られた景勝地で、狭いエリアの中に数限りなく見所が詰め込まれている。
 その中の一つ、私が好きなスポットに「蓬莱岩」という場所がある。

fmp15.jpg


fmp16.jpg


 小さなビーチへと続く遊歩道の一画に、奇岩が海へと突き出している。
 岩の上には小松が生え、中央部には自然のトンネルが貫通している。

 この岩場からは、どんとの遺灰の一部が海へと流されている。
 そして2001年に行われたどんとの追悼ライブの翌日、あるフシギがあったとされている。

fmp14.jpg


 トンネルからのぞくと、向こう側に「月の祭」の会場になったビーチの傍らに立つ、古い小さな灯台が見える。

fmp17.jpg


 ぽっかり予定が空いた日、私は何度か、ウクレレを片手にふらりと蓬莱岩に行った。

fmp18.jpg


 どんとの「波」を口ずさみながら、今でも考え続けている。
posted by 九郎 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | どんと | 更新情報をチェックする