2019年12月15日

高室弓生「縄文物語」

 Twitterをやっていると様々なつながりができて楽しいのだが、思わぬところで「作者さん」とつながってドキリとすることも(笑)
 先月ご紹介いただいた縄文テーマのマンガが素晴らしく面白かったので、ブログ記事にまとめてみる。
 私がけっこう縄文好きで、土器づくりにハマっていたこともあることは、カテゴリ縄文を見ていただければわかるはずである。

 
●「縄文物語 わのきなとあぐね」高室弓生

 精緻に考証された上で構築された仮想の縄文世界の、淡々とした日常。
 その時代のなんの変哲もない風景が、ものの考え方が全く異なる(しかし通じてもいる)現代人にとってみれば、刺激的なファンタジーに映る感覚が素晴らしい。

 歴史モノを含め、舞台が現代ではない「異世界」の場合、作劇は大きく分けて二つ。
「異なる世界でも変わらぬ人間の有り様を描く」
 または、
「異なる世界の人間の感じ方や行動の、異なりぶりを詳述」
 これらは表裏一体でもあるのだが、どちらに力点を置くかで語り口は全く変わる。
 本書「縄文物語」は後者であろうか。
 一般に読みやすいのは前者で、マンガでは「異世界に仮託した青春物語」が多く制作されている。
 私の好きな「センゴク」シリーズは、連載開始当初は完全に「青春物語」を志向していたが、その後じわじわ「戦国時代の現代との異なりぶりを詳述する」方向へシフトしていった。

 私はもうスレたおっさんで、かなりの分量の「物語」を読んできた。
 その結果「異世界に仮託した青春物語」は飽食してしまっている気味がある。
 なので「異世界」自体を丁寧に描いた作品の方に惹かれる傾向があり、からこそ「縄文物語」にハマるのだ。


 メインの「縄文物語」の他にも、「JYOUMONICA」「巌の森」「NINSOKU」を収録、多層的に縄文ワールドが楽しめる。

●「JYOUMONICA 縄文的生活ノススメ」
 野草や採集食、火のおこし方、縄文土器作り等を紹介。
 こういうのを読むと、以前やっていた土器作りが再燃しそうになる(笑)

●「NINSOKU」
 あとがきエッセイ的短編。
 作者の高校生の頃の遺跡発掘体験談。
 
 私が学生時代を過ごしたのも遺跡が多い地域で、バブル期には開発の前段階の発掘が多く行われていたそうだ。
 私自身はその少し後の学生だったので、発掘のピークは過ぎていたが、先輩方に「武勇伝」をよく聞かされた。
 都市部のバブル開発に伴う遺跡発掘はかなり乱暴な突貫工事が横行していたらしく、通常はヘラで慎重に削る所を、クワやツルハシで掘り返させられたとか。
 打ち込んだツルハシの先に銅器が刺さって出てきたとか。
 私の頃はバブル直後で、そこまでの蛮行はなかったはずだが、ちゃんとした遺跡発掘バイト、やってみたかった気がする。


 今年お勧めの一冊です!
posted by 九郎 at 11:14| Comment(0) | 縄文 | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

2019 秋のスケッチ その4

 秋が終わった!
 前回記事から更に三枚描けたのでご紹介。

2019aki014.jpg

 今年は秋の訪れが遅く、急ぎ足で過ぎ去っていった感じ。
 私の行動範囲では、十一月終盤にようやく紅葉の本番でした。

2019aki015.jpg

 鉛筆+淡彩だと、あれこれ欲張らずに止めておくのが良さそう。
 後は一筆一筆の精度。
 これはよく観てよく考えながら、枚数描くしかない。

2019aki016.jpg

 遠景の紅葉も、距離によって描き分けが必要。
 今なら水墨画鑑賞で分かることが、少しは出てきたかもしれません。
 アンテナはってみましょう。

 
 今年も充実したスケッチができました!
posted by 九郎 at 11:39| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

2019 秋のスケッチ その3

 秋のスケッチが更にたまったので第三弾。

 引き続き実家の草刈りついでのスケッチで、極力手数を減らした一枚。
 黄色く仕上がってきたレモン。

2019aki010.jpg


 紅葉も観られる期間は限られるし、だんだん寒くなると野外スケッチはキツくなってくるので、チャンスがあれば出かけます。
 実際描けるのは、描きたいものの十分の一もないですが、出来ることを出来るだけ、黙々と。

 近場のダム上流の秋の景。

2019aki012.jpg

 
 気付く人も多いと思いますが、近景、中景、遠景で、それぞれパースをずらしています。
 焦点も複数。
 それでもパッと見は馴染むように編集した画面構成のつもりなのですが、どこまで出来てるでしょうか(笑)

 名所に行かずとも、近所の公園でサクラやカエデやイチョウなどは十分楽しめます。

2019aki013.jpg


 ちょっと掴めたことを覚書。
 紅葉は桜か楓の樹木一本を観察すると理解しやすい。
 日が当たる箇所は紅葉が進み、中間に黄色、日陰には緑。
 つまり、下塗りで黄色系、明るい面に赤系、陰に緑系。

 ただ、赤をあまり濃くするとバルールが混乱するので、極力薄く。
 赤の鮮やかさと薄さのバランスが肝。
 描きすぎ、塗りすぎてはいけない。

 実際の風景の中で紅葉が鮮やかに見えたとしても、それはあくまで日差しを通した透過光でのこと。
 絵の具の赤を濃く鮮やかに塗ることと、イコールではない。


 そして仕事場の窓からの景色を、昼休みにサクッと一枚。

2019aki011.jpg


 秋のスケッチ、もうちょっと粘れるかな?
posted by 九郎 at 16:24| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

2019 秋のスケッチ その2

 秋のスケッチがたまりましたので第二弾。

 引き続き実家の草刈りついでのスケッチで、試しに極力手数を減らした一枚。
 シュウメイギク、またはキブネギク。

2019aki06.jpg


 今年は紅葉も遅め。
 昨年描いた山の風景に、サイズ拡大で再チャレンジです。

2019aki07.jpg


 同じ日、通りがかりで雰囲気のある切り株に出会ったので、一枚スケッチ。

2019aki08.jpg


 そして色づく木立を眺めながらもう一枚。

2019aki09.jpg


 秋のスケッチ、まだもうひと踏ん張り行けそうです。
posted by 九郎 at 18:31| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

原風景スケッチ2

 御堂へのぼる、「参道」というほどではない細い道。
 幼児の頃の記憶の中では高い石段だったが、写真で見ると低い(笑)
 下には集会所と自動公園があり、確か盆踊りなども行われていた。

gens-05.jpg


 祖父母宅のあった村の風景を川越しに。
 古墳のような小山を背に、民家や観音堂や墓場が点在。

 まだまだ不要な線が多い。
 もっとすっきり描けるはず。

gens-06.jpg


 川越しに別アングルから。
 幼児の頃の私は、父母が共働きだったので、平日は毎朝この橋を渡って祖父母宅に通い、日中を過ごしていた。

 最初は川に直接アクセスできていて、カニやザリガニをとったり、アヒルが歩き回っていたような、かすかな記憶がある。
 しかしちょうどその頃護岸工事や橋の改修があり、安全とひきかえに川では遊べなくなった。
 
gens-07.jpg


 祖父母宅周辺をやや鳥瞰で。
 断片的な写真と記憶を頼りに描いているので、細部や広さの比率は各所で違っていると思うが、配置や道のつながりはほぼ合っているはず。

 右上が祖父母宅。
 左上の観音堂へ向かって、川と平行に上下三本の道。

gens-08.jpg


(ぼちぼち続く)
posted by 九郎 at 14:04| Comment(0) | 原風景 | 更新情報をチェックする