2018年12月16日

上手(かみて)と下手(しもて)

 日本の演劇の用語に「上手(かみて)」「下手(しもて)」というものがあります。
 客席側から舞台を見て、右が「上手」、左が「下手」になります。
 昔、少しだけ関西小劇場の舞台美術をやっていたのですが、恥ずかしながら上手下手の区別にいつも数秒かかってました。
 迷わなくなったのは、実をいうと劇団から手を引いた後、ようやく見分け方に気付いてからです。
 それは以下のようなもの。

「吉本新喜劇で三色チンピラが出てくる方が下手!」

 今から思うと劇団時代の私は、上下を自分から見て右左で暗記しようとしてわちゃわちゃしてしまっていたのです。
 今なら「方向」としてではなく、「機能」「概念」としてわかる気がします。

 日本の伝統的な舞台では(たぶん絵巻物から受け継いだのだと思いますが)、基本的に上手から下手方向に時間が流れています。
 だから主役、主人、上位者は上手から登場し、敵や客は下手から向かってきます。
(現代の新作芝居はそのあたり、もっと自由になっています)
 吉本新喜劇などに今でも残っている観客から見て舞台の「上手から下手へ」という基本的な物語の進行方向は、お芝居の「わかりやすさ」を担保する約束事として機能しています。

 同じ構成は、絵巻物の系譜に連なる縦書き右開きの日本のマンガや絵本の世界でも守られています
 日本のマンガで、主要キャラの顔が「左向き」が多いのは、下手に向けてお話が進行しているからです。
 マンガ好きの中高生が、ちょっと本気でマンガ絵を描き始めようとする時も、右手で描きやすいこともあって、左向きの顔が多くなり、右向きキャラを描くのが、技術的な最初の壁になったりします(笑)

 日本以外の横書き左開き文化圏のマンガは、上手下手が逆転し、お話は右方向へ進行します。
 日本のマンガを海外向けに翻訳する場合、本格的にやると言葉の翻訳だけでは済まず、上下の進行方向まで根本的に逆転する必要があるため、かなり高い「障壁」になっています。
 コンピューターゲーム(たとえばマリオなど)の横スクロール画面も同じ「上下(かみしも)逆転」の形式が多くなっていますが、これはコンピューターがそもそも横書きに対応して作られているためでしょう。

 マンガであれ絵本であれ、右開きであれ左開きであれ、キャラがお話の進行方向の流れに沿って動く分には、絵は描きやすいです。
 難しいのは、その流れに逆らうような動きを描く必要がある時で、たとえば「ひっぱる」という行為をそれらしく見せるのは、意外に難しいです。
 名作絵本「おおきなかぶ」は彫刻家・佐藤忠良が絵を担当し、横書き左開きで進行します。
 話の流れは右向きなので、当然目的物である「おおきなかぶ」は、右側に配置されています。
「ひっぱる」という行為はページ進行、読者の視線の動きと逆向きになるので、どんなに絵で上手く描いても伝わりにくくなります。
 下手すると、同じ絵でも全く逆の動作に見えてきてしまいます。
 重力や力のかかり方、動きの表現のプロである彫刻家・佐藤忠良にとっても「絵本の進行方向と逆にひっぱる」というのは難題だったらしく、描いていてどうしても「押している」ように見えてきてしまい、何度も描きなおしたという逸話があります。
 それほど、お話の進行上の「上下(かみしも)」の感覚は、画面を支配します。
 絵画や一枚イラストと、マンガや絵本等のお話の進行の上下(かみしも)が存在する絵との、一番の違いがこれで、「絵の技術」だけではマンガが描けないのは、このためです。

 時間芸術と空間芸術という分類があります。
 時間芸術は作品内に「時間経過」があるもの。
 広く捉えれば音楽や映像、演劇、文学もこれに入ります。
 空間芸術は絵画や彫刻など、基本的に静止した作品を鑑賞するだけで成立するジャンルを指します。
 絵巻物、絵本、マンガ等は、手法としては絵の要素が大きいのですが、分類としては時間芸術の方に入るのです。

 現代演劇では舞台の「上手下手」の機能は薄れつつあります。
 また実写映像や3DCGでは、物語が「画面奥」へと進行していく、あらたな「上下(かみしも)」の基本形があるようです。
 ただ「シンプルな分かりやすさ」という点においては、まだまだ横スクロール型の物語進行は有効性をもっているわけです。
posted by 九郎 at 00:04| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

怪人コトリ #全国妖怪造形コンテスト 後編

(続き)

 フィギュア造形の経験値が低いうちは、顔や手足の末端など、細工の難しい所から作り、周辺で辻褄を合わせた方が完成しやすいです。
 そうした末端部分、そして体表の羽毛表現のために、泥縄的に図書館で鳥類図鑑を観ながらスケッチを重ねました。

kotori10.jpg


kotori11.jpg


kotori12.jpg


 中でも参考になったのが、赤勘兵衛「鳥の形態図鑑」(偕成社)でした。
 細密な線画で描かれた鳥類の図像は、写真よりはるかに理解しやすかったです。



 しょせん架空のモンスターなんですけど、想像で作るにしても材料がないと無理。
「このような形をなぞれば鳥的に見える」ということをまずはスケッチで手になじませ、造形に入ります。

 羽毛等の細工には、百均のネイルアート用具が役立ちました。
 とくに先が樹脂製のヘラは、粘土やエポキシパテがけば立たずに溝を刻むことができ、めっちゃ小さい指先を手に入れたような感覚でした。
 Twitterで紹介されていた便利用具です!

kotori13.jpg


 翼などの薄い末端部分は粘り強度のあるタイプのエポキシパテ。
 硬化前にヘラなどでぐいぐい形を刻みます。

kotori17.jpg


 三年ほど前にプラモ復帰して以来の経験から、塗装を想定しながら体表を作ります。
 さほどテクがあるわけでもないので、そこそこモールドがあった方がそれに助けてもらえます。
 そう言えば夏に作ったガジロウ(今回のコンテストの福崎町の妖怪プラモ)が塗りやすかったことなど思い出しながら。

kotori18.jpg


 作り込む所は作り込みますが、メリハリをつけて小刀の削り跡そのままのような所も残します。
 全てを緻密にやる技術はないのと、動きや勢いを出しやすいためです。

kotori16.jpg


 そして造形段階の最後の難関、「怪人コトリが担ぐコトリ袋に浮かんだ、攫われた子供たちの無念の表情」を制作します。
 あらためて文字で書くと、我ながらどうかしてます(苦笑)
 顔一つずつエポキシパテを盛りつけ、百均ネイル用品でそれぞれ別の表情を刻みます。
 作ってる間、それぞれの顔と同じ表情をしていました(笑)
 写真はサーフェイサーを吹いた状態。

kotori19.jpg


kotori20.jpg


 造形が終わったら、目立つ粗だけ修正しながらサフを重ね、全体につや消しブラック。
 そしてアクリルガッシュの茶色をざっと下塗り。

kotori21.jpg


 下塗りまで進めながら、同時進行で着色案。
 例によって泥縄で鳥類図鑑をめくりながら、色合いを模索します。
 結局、ヒクイドリやキジの配色を参照することに。

kotori28.jpg


 ドライブラシっぽく色を重ねていきます。
 ノートに書きだした「妖怪談義」の記述を眺めながら、妄想を掻き立てて塗り重ねます。
 地方によっては「脂を搾って南京皿を焼くのに使う」とか。。。

kotori23.JPG


 あちこちのエッジ部分にゴールド系のドライブラシをかけ、仕上げ。
 確か昔のソフビ怪獣に、こういうアクセントがあったはず。

kotori24.JPG


 一応尾は浮いていて、細い足の二足自立ですが、広がった四本指なので見た目よりは安定しています。

kotori22.JPG


 最後にトップコートでつやを整え完成です。

kotori25.JPG


kotori26.JPG


kotori27.JPG


 応募結果は前回記事冒頭でお知らせしたとおり。
 残念ではありますが、とても充実した制作ができました!

 そして、この怪人の制作過程で人体デッサンの必要性にあらためて思い至ったことから、先月再勉強をはじめたのでした。
posted by 九郎 at 05:57| Comment(0) | サブカルチャー | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

怪人コトリ #全国妖怪造形コンテスト 前編

 10月末に応募した第五回全国妖怪造形コンテスト、結果は残念ながら入賞ならずで、最終選考までは残してもらえました。
 三年前に妖怪楽器山姫の歌声で応募した時と同じ。
 なかなかハードルは高いですね(苦笑)

 レベルの高いコンテストに参加できて、並み居るモデラーの皆さんの作品にもまれながら最終選考まで進めたのは満足です。
 プラス志向で考えると、作品は手元に残り、紹介も自由にできます。
 何より、この手に経験と技術が残りました。
 これからぼちぼち、制作過程を振り返ってみます。

 毎年、三種ほど妖怪をお題に募集される「全国妖怪造形コンテスト」。
 今年はファイナルということで、柳田邦男「妖怪談義」に出てくる全てがOKで、まあ要するに自由テーマに近い感じでした。
 私は「談義」の中から、子供をさらう「隠し神」をえらびました。
 この妖怪、私が子供の頃は「コトリ」と呼ばれていて、「子盗り」要するに人さらいのことです。
 大人がよく「そんなんしとったらコトリがくるぞ!」と脅していて、子供の頃は響きから「鳥の妖怪?」と勘違いしていました(笑)
 まずは「妖怪談義」から気になるフレーズを書き出し、イメージをかきたてます。

kotori01.jpg


 スケッチを描きます。
 自分が子供の頃の妄想を大切に。
 一応立体を意識しながらもあまり固く考えず、勢い優先で。
 鳥の正体を黒マントと帽子で隠し、捕まえた子供を詰める袋を担ぐ怪人コトリ。
 とにかく手で考えながら枚数描きます。

kotori02.jpg


kotori03.jpg


 ここから先の「モンスター造型」は、けっこう未知の領域です。
 子供の頃からのプラモ、学生時代の彫塑、立体造型の経験は有りますが、そのものズバリのフィギュア制作はほぼ素人。
 今も粘土造型を続けている弟の意見も参考に、大きさや素材を考えます。

 あまり大きいと、重量や強度、材料費がたいへん。
 あまり小さいと、細部の工作が困難。

 ということで、ガンプラで言うとだいたい1/100サイズ、20p前後で作ることにしました。
 材料は、芯材にアルミ線、固定に軽量紙粘土、肉付けに石粉粘土、細部の仕上げにエポキシパテと想定します。

 色々手探りで制作を進め、結果的には以下の素材をメインで使いました。

kotori05.jpg


●石粉粘土
「Mr.クレイ」(安価で軽量、乾燥後の盛り削りも可)
●エポキシパテ
「タミヤ エポキシ造形パテ 速硬化タイプ」
「Wave ミリプットエポキシパテ」
「Wave エポキシパテ 軽量・グレータイプ」

 あらためて実物大でスケッチ。
 お手本がない完全オリジナルなので「図面」ではありません。
 アルミ線で芯を組むためのざっくりしたもの。
 細部は作りながら考えることとします。

kotori04.jpg


 アルミ線を3本組み合わせ、ねじって嘴から尻尾までの体幹と、両手足の芯に。
 次に、スケッチを参考にポーズを決め、タミヤエポキシで強度の必要な両足と尻尾の先端部分を付けます。この時点では三点接地でした。
 軽量紙粘土でポーズ固定し乾燥。
 両手はアドリブ対応できるようにアルミ線のまま。

kotori06.jpg


kotori07.jpg


 石粉粘土で肉付け第一段階。
 石粉粘土は乾燥後の盛り削りが容易なので、試行錯誤しながらの造形に向いています。
 大体の姿勢が決まったら、難易度の高い頭部から作り、そこから辻褄を合わせていくことにして、エポキシパテでまずは嘴と眼球を付けてみます。
 粘土へのパテの食いつきは良好。

kotori08.jpg


kotori09.jpg


 すみません、ちょっと写真飛びます。
 顔面、帽子、襟、コトリ袋の端を握った両手の順に、Waveエポキシパテ 軽量・グレータイプで造形。
 軽量で硬化後もサクサク削れて使いやすいですが、パテ同士の食いつきは今一つ。
 削りやすさと引き換えに粘り、強度もやや低めです。

kotori14.jpg


 ボディの大まかな造形を石粉粘土でやる時、面出しなどで活躍したのが写真の小刀。
 これは大工だった私の祖父が自作したもので、刃先がゆるくカーブしているので、凹曲面も多少出せます。

kotori15.jpg


 強度を付けるため両腕は本体から離れておらず、レリーフ状になっています。
 当初は両足と尾の三点で立たせるつもりでしたが、ここまで進めたあたりで二足自立出来そうな感じがしてきました。
 二足自立出来るなら、その方がポーズ、バランスにリアリティが出ます。

(続く)
posted by 九郎 at 23:17| Comment(0) | サブカルチャー | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

小田隆「うつくしい美術解剖図」

 しばらくがっちり人体描いてなくて、手が大分忘れてるのに気付いた。
 ハシクレとは言え絵描きなので、一通り人体デッサンの訓練は積んでいるはずなのだが、「忘れる」ということは本当の意味で身にはついていなかったということか(苦笑)
 これからも描いたり造ったりしていくために、ここらで一発、がっちり人体の復習をしたおこうと思い立った。
 上手いデッサンの模写で「型稽古」しようと、書店で良いお手本を物色。
 やっぱりダ・ヴィンチかなと思ってたら、頭のおかしい(最大級の賛辞)本を見つけてしまった!


●小田隆「うつくしい美術解剖図」(玄光社)
 名画や彫刻作品をお題に、骨格や筋肉の解剖図に変換し、あらゆる角度からタッチを活かした鉛筆の線画で紹介している。
 この「線画」という点が極めて重要!
 写真でも3DCGでもなく線画!
 輪郭線で囲むというのは、情報の高度な「編集」作業だ。
 優れた絵描きの手で「編集」された図像を模写することで得られる学習効果は、極めて高い。
 そして何よりこの本が「頭おかしい」(最大級の誉め言葉)点は、天使や人魚、ケルベロスやケンタウロス等の空想生物の骨格や筋肉、古生物の復元作例まで含めて収録されている点だ!
 絵描きだけでなく、造形や生物的メカデザインをやってる人は必見なのである!


 本を入手してから、さっそく模写&書写を開始。
 図だけではなく、文章部分も「写経」するのが私の学習スタイルで、とくに目次の書写は学習見通しを立てるのに有効。
 たまに美術系などの受験相談を受ける機会があるのだが、先行する表現者の模写や文献の筆写を勧めると、最近の子には変な顔をされがちで、まず実行はしてもらえない。
 自分が敬意を払える絵や文を、知的興奮をもって写すのでなければ効果がないので、気乗りしないのを強いては勧めないのだが、「もったいないな」とは思う。
 たとえば数学などで考えると「過去の歴史の蓄積を無視して一から数の仕組みを考える」ことの無謀が分かるはずなのだが……
 ただ、相談される立場とは言え、上から目線で指示するだけでは信頼されないのもまた当然。
 私の師匠がそうであったように、「目の前でやって見せる」プロセスは必要だ。
 そんな時、「俺だってまだまだ、日々精進してるんやで!」という現物、スケッチや模写の束があると、がっちり完成した作品を見せるより、むしろ制作に対する姿勢が伝わるのだ。

 限られた時間の中、学習の最大効果を上げるため、目的から逆算して模写の方法を設定。
・人体の構造を手で覚えなおすため、グリッド線を引いて形状・バランスはなるべく正確に写す。
・小田先生の見事な鉛筆タッチは今回は省略させてもらい、輪郭線を強く出して形状、空間の把握に努める。

 本の第一章から順に手を動かしてると、だいぶ思い出してはくるのだが、骨格部分、とくに肋骨の重なりを描くのに難渋。

KIMG0974.JPG

「俺こんなに下手やったかな?」
 と、笑ってまうほど描けない。
 しかし、地道に続けてれば意外と早く慣れてくるものだ。
 スポーツやる人には、ブランクの後の復帰過程を思い浮かべてもらうと、感覚がわかってもらえると思う。
 体幹骨格を正面、背面模写し終えたあたりで、背骨リズムというか肋骨リズムというか、そういうものがつかめてきた気がした。

 著者の小田隆先生のTwitterを拝見していると、よくドローイングや板書の類がアップされているのでとても参考になる。

 続いて頭骨。
 これは手が結構覚えているし、線が少ないのでわりとスムーズに模写が進む。
 頭骨のお勉強していて、自分でよくやっているマッサージポイントのことが少し理解できた。
 弱視児童の頃、確か矯正の先生が教えてくれたのが、眼窩の周囲、こめかみの凹み、そして耳の後ろの乳様突起周辺のマッサージだった。
 寝る前にやると寝つきがよくなり、疲れが取れやすいので、今でも活用している。
 目と首、肩、腰は連動していて、乳様突起は胸鎖乳突筋で首、肩とつながる起点。
 どうりで効くわけだ!

KIMG0987.JPG

 そうこうしているうちに、十一月中に第一章の模写完了。
 今月も引き続き時間を見つけながら、ぼちぼち二章のダヴィデ像の模写に入っていきたいと思います。
posted by 九郎 at 22:12| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

2018秋の散策その3

 引き続き秋のスケッチ。
 季節はもう冬なれど、秋の色彩が残る限りはもうひとねばり(笑)
 近所の公園のカエデの全体像。

aki2018-15.jpg

 他の紅葉もそうですが、カエデは距離によって見え方が全然違ってきます。
 遠景だと葉の色のグラデーションが見え、近づくごとに枝ぶりが見えてきて、さらに接近すると無数のトゲトゲした実が目立ってきます。

 距離感により、何を捨て、何を描くか変わってくるので、がむしゃらに描き込めばよいというものでもありません。


 同じく近所の公園のイチョウ。

aki2018-14.jpg

 樹木を描くときは、どうしても幹から横に張り出した枝ぶりに注意が行くし、絵としてはそのように描かざるを得ないのですが、実際の枝は手前方向にも同じように張り出しています。
 そうした立体感は写真だとわかりにくいので、実物を観ながらどう描写に持ち込むかが思案のしどころです。

 ちょっとだけつかめてきたかも。


 そして、やっと描きたいサクラに出会ったので一枚。

aki2018-16.jpg

 色々考えて手を動かした経験が大切。
 樹木の省略や様式化は日本画の技法が優れていますが、たぶん今鑑賞したら、以前より何をやっているか理解できるはず。


 同じ絵でも、静物、人物、風景、建築など、それぞれ本来は別科目。
 画塾に通い始めてデッサンを習得中の中高生諸君、今みなさんが学んでいるのは色々ある中の一科目ですよ(笑)
 スポーツで言えば、種目とは別の筋トレに似ています。
 自分のやりたい作品は、別メニューでしっかり進めましょう!
 色々描ける人は、かなり早い段階から思いきって自分の絵柄という「枠」を設け、その枠内で割り切って精進してるケースが多いようです。
posted by 九郎 at 17:15| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする