2018年08月24日

著作権の失効した著名作品の扱いについての覚書

 恥ずかしながら、ごく最近児童文学の名作「星の王子さま」にハマって、バージョン違いの読み比べなども楽しんでしまった。

 星の王子さま
 新旧「星の王子さま」

 長らく興味は持ちながら、読めずにいた名作中の名作を手に取ったのは、しばらく前の同作の「改変騒動」がきっかけだった。
 著作権が失効している作品については、出典を明確にした上でなら、独自に出版するのも、それを原作にして二次創作を行うのも、法的には問題がない。
 某プラントハンター氏が起こした「改変騒動」も、膨大な「星の王子さま」愛読者の神経を逆なでするような、作り手の「姿勢」に対しての炎上であった。
 私も読んでみてすぐに理解できたのだが、普通の読解力を持っていれば、「星の王子さま」を元ネタにして、バオバブの苗木を売ろうなどという発想が出てくるはずがなく、ただただ商売の手段として有名作を利用した姿勢が見え見えだった。
 原作に何のリスペクトもなく、ちゃんと作品を読んでいるかどうかも怪しい状態での「続編」では、批判されても仕方がない。

 絵描き目線でとくに酷く見えたのは、原作者自身が筆をとった挿絵を「改竄」している点だ。
 問題になった続編では、誰もが知る表紙絵、王子さまが小さな星に一人立つあの絵に、プラントハンター氏と思しき人物が向かい合わせに描き込んであった。
 その表現のレベルがまた酷い。
 王子さまと「人物」をほぼ平行に立たせてしまっているので、足元の小さな星の重力の方向が無視されており、絵として非常に気持ちが悪く、絵柄も馴染んでいない。
 元の絵の繊細なバランスを完全に破壊してしまっており、はっきり言ってまともな仕事ではない。
 フリー素材を適当に切り貼りして画像をでっち上げたような粗雑さは見るに堪えず、実際に印刷に回るまでに誰一人ストップをかける人間がいなかったのが不思議なレベルだと思う。

 愛読者の多い有名作を扱うには、それ相応の配慮やリスペクトが必要になる。
 どんなに出来の良い二次創作でも、全ての原作ファンを納得させることは不可能。
 二次創作者にどれだけ愛や思い入れがあろうとも、有名作には同様の「熱」を持った読者が多数存在する。
 批判は必ず出るもので、それをも覚悟した上での制作でなければならない。
 今回のような「粗雑な改竄」は論外として、「原作愛があればOK」という単純な話でもないのだ。

 鑑賞する側の立場で「不快」を感じるのはどんな時かを考えてみると、つまるところそれは「原作やファンをナメている」と感じた時ではないかと思う。
 批判は覚悟の上で、それでも原作への思い入れと、やむにやまれぬ創作衝動に駆られ、描く。
 一線を引くなら、やはりそこしかない。



 当ブログにおいても、いくつかの著作権の失効した作品を元に、「絵解き」を行ったことがある。

 極楽往生源大夫(今昔物語より)
 どろのうみ(天理教の創世神話より)

 幸か不幸かブログ自体がマイナー、管理人が無名なこともあり(笑)、今のところ批判は頂いていない。



 付記すると実は今まさに、とある有名作をマンガ化しているところだ。
 原作に対するリスペクト、愛読者の皆さんに対する覚悟を新たにしつつ、最終段階に入った制作を進めていきたい。
posted by 九郎 at 17:54| Comment(0) | 妄想絵画論 | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

新旧「星の王子さま」

 しばらく前、本当に遅ればせながら、サン・テグジュペリ「星の王子さま」を、人生初めて通読した。
 最初は一番スタンダードなものをと、図書館で岩波書店の従来のハードカバー版を借りて読んだ。

 星の王子さま

 やっぱりというか、本当に良い本だったので、手元に一冊置きたいと思い、同じ岩波書店から2000年に発行された「オリジナル版」を入手し、読み比べてみた。
 色々感じる所があったので、まとめてみたいと思う。

 以下、それぞれ「旧版」「オリジナル版」と表記する。
 訳:内藤濯(ないとう あろう)であることは共通。


●旧版
・1962年発行 1972年改版発行
・22cm×15cm
・縦書き右開き
・「訳者あとがき」有り


●オリジナル版
・2000年発行
・18cm×11cm
・横書き左開き
・フレデリック・ダゲーの「まえがき」有り
・挿絵が作者による「原画」により近い

 旧版と比較して、挿絵に限って言えば、原画の色の濃淡や、描線の細かなニュアンスは、確かにオリジナル版の方が再現されているようだ。
 しかし、単純にオリジナル版が旧版の上位互換かというと、そこは好みが分かれる所だと思う。
 まず、版型が旧版の方が2倍近く大きいので、絵も文もはるかに見やすい。
 そして印刷設定の違いからか、オリジナル版の挿絵は全体にやや黄色味が強く、私の好みでは旧版の色合いの方が落ち着いていて良いと思う。
 何点か、旧版でカラーだった挿絵がオリジナル版でモノクロになっているケースもある。
 何よりも、旧版は日本における不動のスタンダードとして、既に多くの愛読者を獲得しているという現状がある。

 新旧の最大の違いは、挿絵の異同というより、縦書き右開きから横書き左開きへ変わっていることではないかと感じる。
 日本語版の元になった仏語版や英語版はもちろん横書き左開きなので、オリジナル版はそれに即した本作りと言うことになる。
 同じ挿絵でも、右開きと左開きでは「読者の感じ方」に違いが生じる。
 縦書き右開きの本の中では、読者の視線が順に左側に移動していくことになるので、挿絵の中の時間経過も左側に進行する。
 横書き左開きでは本の中の時間経過が逆方向になる。
 挿絵の中の「星の王子さま」は左向きで描かれていることが多い。
 この絵を旧版の中で眺めると、読者の視線は絵の中の王子さまの顔の向きとシンクロするので、感情移入の対象は王子さまになりやすい。
 同じ絵をオリジナル版(仏語版、英語版と同じ向き)で眺めると、挿絵の中の王子さまの視線は、読者の視線と相対することになる。
 すると読者は、「向こうの世界からやってきた王子さま」と、向かいあって対話しながら読み進める感覚になり易い。

 この縦横右左の違いの方が、挿絵の精度より、よほど読者の印象に影響するのではないかと思う。

 作者の意図に、より忠実なのはオリジナル版。
 旧版の方も、年少者も含めた日本人が読み易い一冊の本として、大変よくできている。

 これから「星の王子さま」を読もうとするなら、以上のようなことを考慮して選ぶのが良いと思う。


●「星の王子さま―オリジナル版」
●「愛蔵版 星の王子さま」
●「星の王子さま」(岩波少年文庫)
posted by 九郎 at 15:45| Comment(0) | 児童文学 | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

妖怪プラモ「河童のガジロウ」

 もう三年前のことになりますが、妖怪造形コンテストというものに応募したことがありました。

 山姫の歌声

 このコンテストは民俗学者・柳田國男の故郷、兵庫県神崎郡福崎町が主催しているもので、今年が最終回になるそうです。
 締め切りは十月末、せっかくだし、また何か作れたらいいなと思っていた時、近所のお店で当の福崎町発売の河童のプラモを見つけました。
 そんなに高くないし、ちょうど手ならしにいいかと思い、この夏、時間を見つけてはちょこちょこ作っていました。


●福崎町観光協会 福崎町妖怪プラモデルNo.1 河童のガジロウ

 組み立て前はこんな感じ。

gaji000.jpg

 茶色一色の成型色で、かなり細かく形状は再現してあることが、ランナー状態からもう分かります。
 ただ、切り離して仮合わせしてみると、パーツの合いは今一つで、調整が必要。
 あと、離型剤が少し残っている感じがしたので、接着と塗装の下準備に、台所洗剤と古歯ブラシで洗浄はしておいた方が良さそう。
 今風の組み立て楽ちん、塗装いらずのストレスフリーなプラモではありませんが、一昔前の「すごく出来のいいガレージキット」という印象です。
 ガンプラ世代には昔馴染みのプラモ作りのセオリーに沿って、制作を進めます。
 パーティングライン消し、擦り合わせ、溶着、パテで盛り削り、サーフェイサー吹き……
 手足の各関節の接着角度は自分で探らなくてはならないので、慌てず乾燥時間を挟みながらの制作になります。
 暇を見つけて小一時間ずつじっくり作る、そんな昔ながらのプラモ作りが楽しめます。

 塗装は例によってつや消しブラックからのアクリルガッシュ筆塗り。
 ガッシュはザラッとしたつや消し仕上げになりますが、今回はモデルが「河童」。
 表面に両生類的な「ぬめり」が欲しかったので、最後に光沢のトップコートを吹いてみました。

gaji001.jpg

 今回は箱の完成品写真を参考に、私好みにやや色味とコントラストを強めに塗っています。
 架空の臓器「尻子玉」の色は、悩んだ末ゴールドに。
 この色だとなんか別のタマにも見えてしまいますが……

 モールドが細かくしっかりしているので、塗装が本当に楽しいです。
 技量不足のラフな塗りを、キットが助けてくれる感じ。
 特に甲羅が楽しかった!

gaji002.jpg

 完成品は手のひらサイズ。
 最近のプラモとしてはお値段安目で、コスパの高い良キットでした。

 このシリーズ、他に天狗も発売されているようです。


●福崎町観光協会 福崎町妖怪プラモデルNo.2 天狗



 妖怪プラモ、けっこう気に入った!
 そう言えば、昔買ってまだ組んでなかった妖怪プラモ(というか鬼太郎プラモ)が、どっかにあったはず……


 ゴソゴソ。

 
 コンテストも何かネタは……

posted by 九郎 at 18:51| Comment(0) | サブカルチャー | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

星の王子さま

 子供の頃から「本好き」を自認してきて、実際分量としてはかなり読んでいる方だと思う。
 しかし「一人の作者や一つのテーマにハマる」傾向はずっとあって、読書は「狭く、深く」偏りがちだ。
 分量・冊数読んでいる割には、意外に有名どころがぽっかり抜け落ちていたりもする。
 恥ずかしながら、今回取り上げる「星の王子さま」も、そんな中の一冊だ。
 ずっと興味はあり、何度か手に取って最初の数ページ(あのウワバミのくだり)だけは面白く読んでいたのだが、なぜかその後が続かなかった。
 心のタイミングがうまく合わず、「縁」がなかったということだろう。
 それでもいつか読もうと思いながら、未読のままに、すっかりおっさんになってしまっていた。

 この度、改めて読む気になったのは、しばらく前の、某プラントハンター氏の「暴挙」がきっかけだった。
 あまり愉快でない話題について詳述する意欲は湧かないので、心覚えにキーワードのみ記しておく。

「プラントハンター 西畠清順 星の王子さま 改変 バオバブ」

 改変騒動に関する記事を眺めながら、何となく「今なら読めそうだ」と感じて図書館に直行。
 最もオーソドックスな岩波ハードカバー版を借りてきて、一気読みした。

 結論から言うと、生きてる間に読めて本当に良かった!
 そういう意味では某氏に反面の感謝である。

 様々なバージョンが出版されているが、原著者の挿絵はやはり必要不可欠だと感じる。
 今、岩波の内藤濯(ないとう あろう)訳を求めるなら、以下の中から選ぶことになりそうだ。


●「星の王子さま―オリジナル版」
●「愛蔵版 星の王子さま」
●「星の王子さま」(岩波少年文庫)

 カテゴリとしてはもちろん「児童文学」になるけれども、全てのすぐれた作品がそうであるように、「大人にこそ読まれるべき」「今、この私のために書かれた」と感じられる作品だった。
 私なりの分類で言えば、これは「心の中の友だち」の物語だった。

 心の中の友だち、心の中の恋人

 そして、基本的には「友だち」の構図を持ちながら、大人が読む場合はさらに重層的な受け止め方になってくるはずだ。

 少年時代の自分
 少年時代の友だち
 今交流のある少年たち、あるいは自分の子どもたち

 様々な位相の「子ども」との対話が、読み進めながら、心の中で繰り広げられるはずだ。

 人生の中で、繰り返し、何度も、味わうための一冊。 
 私の「縁」は遅くなってしまったけれども、別に早い遅いは関係ない。
 今借りている本は図書館に返却するとして、やはり手元に一冊、作者挿絵の入った本が欲しいのである。
posted by 九郎 at 00:35| Comment(0) | 児童文学 | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

絵本「夏のトンネル」

昨年投稿していた連作イラストに、ふと着想が訪れたので詞書をつけてみます。
(タイトルは「夏のトンネル」、画像をクリックすると拡大表示されます)

st001.jpg

お兄ちゃんと妹が
チョウを追いかけ森の中
森は緑のトンネルで
迷い込んだらどこまでも

st002.jpg


トンネル進むと虫の世界
お祭さわぎか合戦か
二手に分かれてエンヤラヤ
いつまでたっても終わりません

st003.jpg

さらに進むと蓮の池
カエルの説法オタマジャクシ
二人は夢中で水遊び
虫とりあみと虫かごは
おきっぱなしで忘れられ

st004.jpg

カラカラ回る風車
おじぞうさまのまわりでは
草のお面の虫たちが
ぐるり輪になり盆踊り

st005.jpg

ワッショイワッショイお神輿の
踊りの列を追ううちに
二人は夏のトンネルを
抜けて夕日のヒガンバナ
いつのまにやらヒガンバナ

(「夏のトンネル」了)
posted by 九郎 at 00:15| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする