2019年05月16日

70年代、記憶の底3

 幼児の頃の私は、昼間は主に母方の祖父母の家で過ごしていた。
 祖父母宅は、古墳のような小山と小川の流れに挟まれた小さな村にあった。
 小山の麓には道が三本、上中下段に並行しており、何か所かで縦にもつながっていた。
 一番上段の水平移動道の片端、山に向かって右手に祖父母宅があり、反対側の左端には「観音さん」の御堂があった。
 御堂から石段をおりると公園があり、山手に登ると村の墓場があった。
 小山の麓を流れている小川には欄干のない小さな橋が架かっていて、渡ってしばらく田んぼ道を歩くと二車線のバス道があった。
 それを更に超えるとまた川沿いの土手があって、保育園、幼稚園への通園に使っていたのはその土手の上の道だった。
 そうしたごく狭い範囲が、幼い頃の私の世界だった。
 小さな世界ではあったけれども、祖父母宅周辺は十分に田舎で、草むらや虫たちなど、幼児の遊びのネタが尽きることは無かった。

wasi-02.JPG


 祖父母は子沢山で、私の母は六人兄弟姉妹の長女だった。
 祖父宅は子供の成長とともに増改築が繰り返されていた。
 なにせ祖父とその息子二人(私の母の弟たち)が大工であったから、かなり頻繁に家は改造されていったらしい。
 このあたりは、大工の家の特殊事情だろう。
 私の母など、家具は「買うもの」ではなく「頼んでおけばしばらくすると出来上がってくるもの」だと思っていたそうだ。
 他人の注文を請けた「お仕事」としての増改築でなく、あくまで自宅改造の気楽さである。
 長女の長子(つまり初孫)である私が生まれる頃には、祖父宅はかなり複雑怪奇な造りになっていた。
 もともと敷地が小山のふもとの斜面地だったせいか、各部屋で床の高さが違っており、構造が分かりにくかった。
 母の妹のカレシ(後の私の叔父)は「はじめて来た時は忍者屋敷かと思った」そうだ。
 私の家族は別の家に住んでいたが、私が小学校に入ると身内で「子供部屋」を増築してくれた。
 ここでも身内的なお気楽増築が行われ、窓のある壁面にそのまま子供部屋を接続し、結果として居間と子供部屋が「窓でつながっている」という状態になった。
 もちろん子供部屋の入り口ドアは別に存在したのだが、居間から一旦縁側に迂回しなければ到達できないため、私はもっぱら窓から子供部屋へ出入りしていた。
 居間側には丸椅子、子供部屋側には二段ベッドを配置して、楽に上り下りできるようにした。

gen-06.JPG


 このような原風景を抱えているせいか、今でも地方の旅館などで、無理な増改築をしてフクザツなことになってしまっている建物に入ると、妙な懐かしさを感じてしまうのだ(笑)

 観音堂の石段を降りたところにある公園では、毎年盆踊りが行われていた。
 祖父母の家を出発して暗い夜道を抜け、夜の公園を訪れてみると、昼間の様子とはまったく違う、子供にとっては「異世界」が現れていた。
 高く組まれた櫓を中心に提灯が明るく揺れて、浴衣の人々が太鼓の音に合わせて踊っている。
 子供の私は陶然としながらその風景を眺めている。
 そして踊りの輪の内側に、小さな子供達の一段が楽しげに駆け回っているのをみつけ、たまらなくなって自分もその中に加わる。
 中に一人、少し年齢の高い踊り上手な子がいて、私の目にはとてもカッコよく映った。
 見知らぬその「お兄ちゃん」のあとを追い、手振りを真似ながら時を忘れて踊り、巡った……
 毎年の盆踊りの時、輪の中に小さな子供たちが混じって楽しそうにしているのを見ると、色々な記憶が巡ってくる。

 もう一つ、淡い記憶。
 ある夏の宵の時間帯、同じ観音堂へ続く道を、幼児の私が幾人かの友だちと連れ立って歩いている。
 屋台みたいな所で蝋燭をもらい、それを持って小さな祠にお参りすると、駄菓子がもらえてとても嬉しかった。
 あれは地蔵盆だったのだろうか。
 汗ばんだ浴衣の感触と、蝋燭の香りが今も肉体感覚として残っている。

jizo-11.png

posted by 九郎 at 23:57| Comment(0) | 青春ハルマゲドン | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

春のスケッチ2019

2019sp-01.jpg


 先月ヤマザクラのスケッチをして以来、だいぶ暖かくなって外で描きやすくなったので、春のスケッチを重ねていました。
 近所の公園の藤棚が素晴らしかったので一枚。

2019sp-02.jpg


 先週のGW期間中も、良いスケッチが出来ました。
 近場の川でカレーを作って食べながら一枚。

2019sp-03.jpg


 忘れないうちに新緑の季節の色彩の覚書。
 白い紙に水彩絵の具の場合、絵の具の黄緑そのままでは、新緑には強すぎて、もう少し後の初夏のイメージになりがち。
 白を混ぜるか、レモン色に緑系を混ぜるかした方が、葉が出てすぐの感じが表現しやすいようです。

 川の後は里山。
 田植えで水が入り、カエルがコロコロ鳴きはじめています。

2019sp-04.jpg


 画面内である程度編集するスタイル。
 特に風景は、写真でカメラのレンズが切り取る画像と、自分の眼を通して認識した印象が、重なりにくい場合があります。
 スケッチの方が再現できること、写真の方が再現できること、両方あります。

 そしてGW期間中最後の一枚は、近所のなんでもない草むらから。

2019sp-05.jpg



 草むら、雑草、小さな花々。
 前から描きたかったんですが、ようやく手が付けられるようになってきました。

 今年の新緑の時期のスケッチ、堪能しました。
 
posted by 九郎 at 06:31| Comment(0) | 季節の便り | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

おりがみ origami 「伊達政宗兜」

 毎年制作しているおりがみ兜、今年のお題は三日月形の前立てで印象深い、伊達政宗の兜をイメージして作ることにしました。
 4月半ば頃から制作開始し、徐々に感じをつかんでいきました。

kabuto2019-01.jpg


 巨大な三日月形の前立てを、切り込みや別パーツを使わず折り出す仕組みは、昨年の楠木正成兜を踏襲しました。

kabuto2019-03.jpg


 仕組み自体は早々に思いついたのですが、中々すっきりシンプルにまとまらず、試作の積み重ねが必要でした。

kabuto2019-02.jpg


 ネックはやはり三日月形前立ての左右非対称。
 試行錯誤の末、なんとかすっきり折り出す工夫がついてきます。

kabuto2019-04.jpg


 だいたい折り方が定まったら、そこから更に微調整と練習を重ねます。

kabuto2019-05.jpg


 絵の筆置きと同じく、おりがみも何をもって完成とするかは難しい所ですが、両面メタリックのホイル紙を使用した以下の一作をもって、 ひとまず完成とします。

kabuto2019-06.jpg


kabuto2019-07.jpg


kabuto2019-08.jpg


 これまでのおりがみ兜まとめは、こちら
posted by 九郎 at 17:06| Comment(0) | 紙(カミ) | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

おりがみ origami 兜まとめ(2019最新版)

 当ブログでは毎年、年始あたりからおりがみ雛人形、三月頃から「おりがみ 兜」の検索結果から訪問される皆さんが増えてきます。
 ブログ本来のテーマ「神仏与太話」より、おりがみ等の工作作品の記事の方が人気があるのは少々フクザツな気分ですが、アクセスがあることを素直に喜んでおきましょう(笑)

 そろそろ五月人形の時期が近づいてきましたので、おりがみ兜のまとめ記事を再掲しておきます。

kabuto-01.jpg


おりがみ兜
kabuto-02.jpg


おりがみ兜の色々
kabuto-09.jpg


おりがみ兜の色々2
kabuto-11.jpg


おりがみ兜の色々3
 ネットで公開されている兜の折り方を紹介しています。
kabuto-16.jpg


おりがみ兜の色々4
kabuto-18.jpg

 前川淳さんの「本格折り紙」から、「飾り兜」を紹介しています。


おりがみ兜の色々5
kabuto-22.jpg


おりがみ兜の色々6
kabuto-31.jpg


八咫烏の兜
kabuto-12.jpg


 織田信長を苦しめた鉄砲集団雑賀衆が着用した雑賀鉢をテーマにした作品もあります。
おりがみ雑賀鉢(完結編)
 今のところ、これが一番のお気に入り。

kabuto-29.jpg


kabuto-30.jpg
 

 上杉謙信が使用したと伝えられる異形の兜はこちら。
 おりがみ「三宝荒神形張懸兜」

kabuto-33.jpg

 森蘭丸所用(?)の六字名号兜はこちら

kabuto-35.jpg


 謙信と蘭丸のネタ元になった鎧兜は、様々なムック本でも紹介されていますが、来歴にはかなり疑問があるようですね。
 一応そのあたりも留意しつつ、お楽しみください。

 大河ネタ、真田幸村の兜はこちら

kabuto-37-02.jpg


 同じく大河ネタで、井伊の赤備をネタに折ったのが以下のもの。

kabuto-38-01.jpg


 2018年は楠木正成の兜をイメージした「三本角」を工夫してみました。

kabuto2018-03.jpg


 そして今年は、伊達政宗の三日月形前立て兜をイメージした一作。

kabuto2019-06.jpg


 おりがみだけでなく、プラスチックの植木鉢を使った鎧兜の工作記事もあります。
 雛形工作:プラ鉢鎧兜
 プラ鉢鎧兜 制作覚書
waka-32.jpg


 参考図書もご紹介。


●「戦国武将の時代折り紙」浜田勇(日貿出版社)
 有名どころの戦国武将の兜が、わりとリアルな最限度で網羅されています。難易度はやや高めか。
 兜だけでなく、「家紋と付き物」「雅な器」などの周辺の装飾品も充実しているので、紙を選んで揃えると、かなり豪華なセットにできそうです。

 ぜひ参照してみてくださいね!
posted by 九郎 at 22:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ブログ・マップ | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

70年代、記憶の底2

 母方の祖父は大工だった。
 木彫りを趣味でやっていて、それは片手間というにはあまりに膨大な情熱を注いでいた。
 作業場から道具、細かな彫刻刀の類など、ほとんど全てを自作。
 祖父宅の玄関を入ると、数えきれないほどの作品群、仏像や天狗や龍などが、所せましと並べられていた。
 中にはまるで七福神に仲間入りしそうな雰囲気のサンタクロースもいた。

dk-23.jpg


 まだまだ自然豊かな地域だったので、祖父はよく山野に出かけては、気に入った木材などを拾ってきて、それに細工を施したりしていた。
 切り出してきた怪しい形状の珍木や木の瘤の類が、祖父の手によって更に得体の知れない妖怪に変身していった。
 幼児だった私は、そんな制作現場を眺めるのが好きで、祖父の操るノミが様々な形を削りだしていく様子を、ずっと飽きずに観察していた。
 私にとっての祖父は、山に入っては色々な面白いものを持ち帰り、それを自在に操って怪しい妖怪達に改造できる「凄い人」だった。
 そして私は、いつか自分も同じことをするのだと心に決めていた。

kk-03.jpg


 ある日祖父の彫刻群を色々観察していると、小箱に何かが収納されているのを見つけた。開けてみると、そこには数センチ程の大きさの小さな手、手、手、また手。
 様々な表情に指をくねらせた小さな手が、ぎっしり詰まっていた。
 もちろん祖父が猟奇事件の犯人だった訳ではない。
 生き物の手のコレクションではなく、木彫りの小さな手だったのだが、幼い私は物凄い衝撃を受けた。
 興奮した私は、さっそく祖父の真似をして、油粘土で山ほど小さな手を作って箱に詰めた。
 当人は大真面目だったのだが、それを発見した親族は思わず失笑したようだ。
 仏像の彫り方の教本に、練習として手だけを彫る方法が載っていることを知ったのは、もっと後のことだった。

gen-04.JPG

 祖父は彫刻の資料として各種の文献も集めていた。
 おそらく「原色日本の美術」だと思うのだが、様々な仏尊が掲載されている大判の図鑑のようなものもあった。
 私はそれをパラパラめくっては、一人興奮していた。
 特に形相凄まじい「明王」シリーズにハマった。仏様にも色んなキャラクターがいて、色んな姿をしていることを知った。
 当時は既に「仮面ライダー」や「ウルトラマン」の全盛期で、「○人ライダー」や「ウルトラ兄弟」という概念も出来上がっていたのだが、幼い私にとっては仏尊図鑑も怪獣怪人図鑑も全く区別は無かった。
 宇宙のどこかで戦っているヒーローの一種として、明王の姿に目を輝かせていた。
 今から考えると、あながち間違った捉え方でも無かったかもしれない(笑)

gen-05.JPG


 ところで、ヌートリアと言う動物がいる。
 南米原産、尻尾まで含めると1mぐらいになるげっ歯類。
 つまり大ネズミだ。
 似たビジュアルの動物にカピバラもいるが、こちらは尻尾が目立たない。
 ――尻尾の長いのがヌートリア、尻尾の目立たないのがカピバラ。
 そのように覚えておけばよい。

gen-11.jpg


 この大ネズミ、日本各地で野生化している。
 大きな河川などで繁殖していて、山中の温泉につかりに来るニュース映像なども、たまに流れる。
 なぜこのようなことをつらつら書いているのかと言うと、祖父の思い出に関わってくるからだ。
 大工であった祖父は木彫好きであり、珍しい形の木の根っこなどを蒐集する趣味もあった。
 そんな祖父が近所の川沿い散歩していたある日のこと、繁殖していたヌートリアの死骸を見つけてしまった。
 怪しいもの好きの血が騒いだのだろうか、祖父はどうしてもヌートリアの骨が欲しくなってしまったらしい。
 しかし死骸を家に持って帰ることはできない。
 死んだ大ネズミを持ち帰ったりしたら、祖母がどのような反応を示すか想像に難くなかったのだろう。
 下手をすれば連れ合いの生死にかかわる。
 よって、全ての犯行は、ひそかに河川敷で行われた。
 日々何食わぬ顔で、一人河川敷に散歩に出かけた祖父は、断続的に「ヌートリア白骨化ミッション」を完遂したのだ。
 大きな空き缶を用意した祖父は、まずヌートリアの頭部を煮立てたらしい。
 そして煮あがった頭部からきれいに肉をこそげ落とし、顎骨の部分を白骨化してから持ち帰った。
 見事なカーブを描く門歯のついた顎骨は、磨き上げられて紐がつけられ、ちょっとしたストラップのように仕立てられたのだった。

gen-14.jpg


 祖父の没後、ヌートリアの顎骨は、大工道具の一部とともに、「自作系」「怪しいもの好き」の血を継いだ私の手元にきた。
 祖父がそのように使っていたのかどうか定かではないが、ヌートリアの歯は木彫りの表面を磨くのに具合が良い。
 そして引き取った刃物類の中の一本、刃先が緩い曲線を描く小刀は、造形に非常に使い勝手がよく、今も私が愛用している。

kotori15.jpg


(続く)
posted by 九郎 at 00:45| Comment(0) | 青春ハルマゲドン | 更新情報をチェックする